中島京子 no.101        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】中島京子「長いお別れ」

◇これは夫婦の絆、そして家族の絆の物語だ。
長いお別れ長いお別れ
中島 京子

文藝春秋 2015-05-27
売り上げランキング : 29272

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 読む前は認知症の父親とその家族の話という知識しかなかった。「小
さいおうち」で直木賞をとった中島京子の小説なので期待感はもちろん
あったが、このタイトルで認知症となるとやはり重い話なのかな、と思
っていた。しかし、この思い込みはいい意味で裏切られることになる。
「長いお別れ」は不思議な軽みとそこはかとないユーモアが漂う小説だ
った。これは作家自身の資質なのだろうか。いずれにしても、このライ
ト感覚がとてもいい。

 主人公の昇平には妻の曜子と3人の娘がいる。昇平は中学の校長など
を勤めた男だが、約束の場所にたどり着けなかったことから家族が心配
し、受診の結果、初期のアルツハイマー型認知症という診断を受ける。
この物語は発症して10年間の出来事が描かれているのだが、中島京子は
家族の介護生活を描くだけではなく、長女の息子の失恋話、妻曜子の目
の病の話などのエピソードも描いていて、それがゆるやかに昇平の話へ
とつながっていく。この構成が見事だ。

 最終章。夫に対する曜子の言葉が強く心を打つ。「(昇平は)妻、と
いう言葉も、家族、という言葉も忘れてしまった」「それでも夫は妻が
いないと不安そうに探す。不愉快なことがあれば、目で訴えてくる。何
が変わってしまったというのだろう」。これは認知症の物語であると同
時に、夫婦の絆、そして、家族の絆の物語である。忘れてしまう病によ
って、すべてが失われてしまうのか?

 何があっても動じないたくましささえ感じられる妻曜子のキャラクタ
ーがいい。娘たちの個性もキチンと描かれている。タイトル、認知症の
ことを英語で「ロング・グッドバイ」とも言うらしい。少しずつ記憶を
失くしてゆっくりと遠ざかっていくから。そうか…なるほどなぁ。
(No.349)

◯中島京子の他の本の書評はこちらから。
※一番上にはこのページが出ます。 

            ◯ ◯

2016.2.1 2月だ、2月だ、寒い寒い。暖冬、どっかにいっちゃった
なぁ。サッカーU23、見事でした。読書は角田光代「坂の途中の家」。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

中島京子、技ありの一冊!直木賞受賞「小さいおうち」。

女中と奥様の交流の中で描かれる戦前戦中の暮らしと意識。

小さいおうち小さいおうち
中島 京子

文藝春秋 2010-05
売り上げランキング : 323
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 直木賞を受賞した中島京子の「小さいおうち」、これは戦前戦中の一
般家庭に女中として入ったタキという女性とその家の奥様、時子との交
流を描いた物語だ。一章から七章まではタキの語りと彼女が残した「心
覚えの記」を中心に書かれている。資料を徹底して読み込み、当時の普
通の人々の日常とその意識を作品に昇華させた作者の力量は相当なもの
だ。名手北村薫の一連の作品に通じるものがある。我々は単純に戦争が
始まればおだやかな暮らしなどあり得ない、と思っているが、そうでは
ないことがこの物語を読めばよく分かる。特に、奥様とタキを中心にし
た一家の暮らしぶりを知れば、誰もが納得してしまうだろう。とはいえ、
グラデーションのようにいつの間にか、追いつめられた「銃後の暮らし」
がやってくる。明から暗へ、静かな変化の描写もまた見事だ。

 そして、最終章。語り手はタキから違う人物へと変わる。そこで明ら
かになる様々なことがら。この最終章の意味は大きい。これがタキの語
りで最後まで続いたならば高い評価は受けても直木賞は取れなかっただ
ろう。この一章で語られる3人の人物のその後、さらには、ある「想定」
が、物語に奥行きを生み出し、見事なラストへとつながっていく。中島
京子、技あり!の一冊だ。(No.90)

◯「小さいおうち」は2012年12月2日、文春文庫で文庫化されました
小さいおうち (文春文庫)
中島 京子
4167849011

               ◯ ◯

2010.9.20 さてさて3連休も終りですね。あ、木曜日、また休みか。
5月から続いた朝日新聞のアンケート、今日やっと最終回が終ってホッ
と一息。けっこう大変だった。

◎応援クリックぜひ1つお願いします。他の書評へもここからどうぞ!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

プロフィール

オクー

Author:オクー
コピーライターであるようだ。
吉祥寺にいるようだ。
そんなに若くはないようだ。
犬ブログもよろしく!

okuuuをフォローしましょう
更新情報はツイッター
フェイスブックで。
Akihiko Okumura

amazon
電子書籍で探す!
映画・ドラマなら
News
最新記事
お気に入りリンク
ブログランキング
blogram投票ボタン
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ村
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。