年間マイベスト no.152        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決定!2015マイ・ベストブック!!!!

永い言い訳永い言い訳
西川 美和

文藝春秋 2015-02-25
売り上げランキング : 257

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

永い言い訳
 西川美和(書評
つちたち
 ミロコマチコ(書評
モダン
 原田マハ(書評
千日のマリア
 小池真理子(書評
リンドバーグ: 空飛ぶネズミの大冒険
 トーベン・クールマン(書評
りゆうがあります
 ヨシタケシンスケ(書評
太宰治の辞書
 北村薫(書評
琥珀のまたたき
 小川洋子(書評
孫物語
 椎名誠(書評
10職業としての小説家
 村上春樹(書評

 ベスト1は意外とすんなり決まりました。ダメダメな小説家が突然妻
を亡くして、それでもダメダメなのだけれどある出会いを通して変わっ
ていく、という物語。出会いで変わる、といってもパターン化された変
化ではありません。「ゆれる」「ディア・ドクター」など監督としても
素晴らしい西川美和の傑作、この小説に直木賞やらないのはバカです。

 ミロコマチコは去年に続いてのランクイン。彼女の過剰なはみ出し具
合がたまらない。大好き!ニューヨーク近代美術館を舞台にした短編集、
原田マハ「モダン」もすごくよかった。キュレーターだった彼女の経験
がしっかりと生きた1冊。アートへの愛に溢れた作品です。小池真理子
の短編集もいいなぁ。せつなすぎるけれど。

 トーベン・クールマン、ヨシタケシンスケとまったく違うタイプの絵
本が2冊。「リンドバーグ」は何度も何度も見たくなる1冊。「りゆう
があります」は何度も何度も見てると頭がおかしくなっちゃう1冊。そ
して、北村薫が久々に書いた「私シリーズ」の最新作「太宰治の辞書」、
小川洋子ワールド全開の「琥珀のまたたき」も忘れられない物語。9位
と10位には珍しくエッセイを入れてみました。どちらも本当におもしろ
かった。

 というわけで、マイベストな10冊。どれを読んでもおもしろいのでお
正月休みにでもぜひぜひ!
※タイトルをクリックすればアマゾンのページへ、書評をクリックすれ
ば僕の書評にとびます。

◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆

荒神荒神
宮部みゆき

朝日新聞出版 2014-08-20
売り上げランキング : 81517

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 今年の新刊ではないけれど今年読んだ本でおもしろかった上位5冊は
以下の通り。ま、この5冊はどれも最強!上のランキングに入れたらド
ドッと順位が変わりますよ、たぶん。
 
荒神
 宮部みゆき(書評
笹の舟で海をわたる
 角田光代(書評
鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐
 上橋菜穂子(書評
下町ロケット (小学館文庫)
 池井戸潤(書評
COCOON
 今日マチ子(書評

◯今までの「年間マイベスト」のページはこちらです。
※一番上にはこのページが出ます。 

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

これが2014年マイ・ベストブック!!

低地 (Shinchosha CREST BOOKS)低地 (Shinchosha CREST BOOKS)
ジュンパ ラヒリ Jhumpa Lahiri

新潮社 2014-08-26
売り上げランキング : 11636

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 はい、発表です。例年同様、今年発売された本だけが対象で、今年読
んだけれど、前に発売されたものは入ってません。それは別枠で後の方
で発表してます。今年はねぇ、そっちの方もかなり強力で。これ混ぜた
ら、もうどういう順位をつけたらいいのか、わからなくなっちゃうとこ
ろでした。とにもかくにも、こんな感じになりました。
※タイトルをクリックすればアマゾンのページへ、書評をクリックすれ
ば僕の書評にいけます。

低地 (Shinchosha CREST BOOKS)
 ジュンパ・ラヒリ(書評
よるのふくらみ
 窪美澄(書評
平凡
 角田光代(書評
エヴリシング・フロウズ
 津村記久子(書評
水やりはいつも深夜だけど
 窪美澄(書評
オレときいろ
 ミロコマチコ(書評
まばたき (えほんのぼうけん67)
 穂村弘 酒井駒子(書評
優雅なのかどうか、わからない
 松家仁之(書評
ミッキーは谷中で六時三十分
 片岡義男(書評
10夏のルール
 ショーン・タン(書評

 「低地」はすんなり決まりました。物語性が高くて文句なくおもしろ
い!「本の雑誌」1月号の「私のベスト3」で松家仁之がいの一番にこ
の小説をあげていて、おおおぉ!と思いました。松家さんがジュンパ・
ラヒリが好きなのはよ〜くわかる。その松家さんの新作は8位。いいの
よねぇ。で、女性ばっかりじゃん!下位に松家、片岡義男、ショーン・
タンと入ってるけれど…。やっぱり今は女性が書く物語がおもしろいん
だよねぇ。窪美澄は長編・短編どちらもスゴくよかった。特に「よるの
ふくらみ」は何か賞をやらなくちゃ!文学世界の皆さん、窪美澄をなめ
んなよっ!

 角田光代、津村記久子は実力通り。さらに、絵本っぽいものが3冊も。
個人的な今年の大収穫はミロコマチコ!まけるぜぇぇぇぇぇ。酒井駒子
の絵もこれまた素晴らしい。アートよ、世界を変えてくれっ!以上、今
年のマイベストでした。

    ◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆

オオカミがとぶひ (こどもプレス)オオカミがとぶひ (こどもプレス)
ミロコマチコ

イースト・プレス 2012-08-12
売り上げランキング : 7225

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 今年の新刊ではないけれど今年読んだ本でおもしろかった上位5冊は
以下の通り。ミロコマチコと共にヨシタケシンスケに出会えたのも今年
の大きな収穫。あれやらこれやら、もれちゃった本もあるけど、まぁ、
いいや。さて、来年、またおもしろい本に会えますようにっ!!!!!
 
オオカミがとぶひ (こどもプレス)
 ミロコマチコ(書評
りんごかもしれない
 ヨシタケシンスケ(書評
さよなら渓谷 (新潮文庫)
 吉田修一(書評
HHhH (プラハ、1942年) (海外文学セレクション)
 ローラン・ピネ(書評
流星ひとつ
 沢木耕太郎(書評

◯過去のマイベストはこちらから。
 ※最初はこのページが出ます。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

決定っっっっ!!!2013年マイ・ベストブック。

想像ラジオ想像ラジオ
いとう せいこう

河出書房新社 2013-03-02
売り上げランキング : 183

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 2013マイ・ベストブック、発表します。え〜っと、今年発売された
新刊だけで、今年読んだんだけど、去年やその前に出版された本は含まれ
てません。ではっ!(タイトルをクリックすればアマゾンのページへ、書
評をクリックすれば、僕の書評にいけます)

想像ラジオ
 いとうせいこう(書評
昨夜のカレー、明日のパン
 木皿泉(書評
アニバーサリー
 窪美澄(書評
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
 村上春樹(書評
11/22/63 上11/22/63 下
 スティーヴン・キング(書評
雨のなまえ
 窪美澄(書評
泣き童子 三島屋変調百物語参之続
 宮部みゆき(書評
ジヴェルニーの食卓
 原田マハ(書評
沈むフランシス
 松家仁之(書評
10はなちゃんの夏休み。
 石田ゆり子(書評

 賛否両論ありましたが、僕にとってはやはり「想像ラジオ」がナンバ
ー1でした。こういう設定で大震災を描いた作者の想いと勇気に心を打
たれました。いとうせいこう、すごいっ! 木皿泉の初小説、まぁ、脚本
だろうが小説だろうが、この2人が書く物語はおもしろいに決まってる
わけで。窪美澄「アニバーサリー」、なんでこれが直木賞にノミネート
さえされないのか? ちょっとおかしいぜ、ほんとによぉ。このトップ3
はパッと決まりました。窪さんは短篇集「雨のなまえ」も良かった。村
上春樹のこの物語はかなり好き。キング、衰えを見せないおもしろさ。
そして、宮部みゆきの巧さ! 原田マハのこだわり!松家仁之の描写力!
10位は、石田ゆり子さんの「はなちゃんの夏休み」。すごいなぁ、こ
の人は。ホントにすごいなぁ。以上、ベスト10でした。

何者
朝井 リョウ
4103330619

 今年の新刊ではないけれど今年読んだ本のトップ5は以下の通り。ど
れもむちゃくちゃおもしろく、上のトップ10に入れちゃったらもう大
混戦、って感じです。特に原田ひ香はおもしろかったなぁ。

何者
 朝井リョウ(書評
沈黙のひと
 小池真理子(書評
ことり
 小川洋子(書評
母親ウエスタン
 原田ひ香(書評
しろいろの街の、その骨の体温の
 村田沙耶香(書評

 というわけでこの15冊はどれを読んでも損はしない傑作ばかり。お
正月休みにでもぜひぜひどうぞ!!!!さぁ、このブログも今年はこれ
で終わり。いろいろありがとうございました。来年もどうぞよろしく!

◯過去のマイベストはこちらから。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

2012年間マイベスト、発表します!!!

 というわけで、今年のマイベストブック、発表します。今年発売され
た新刊の中から選びました。読んだもので去年やその前に出た本のラン
キングはこのあとで。(タイトルをクリックすればアマゾンのページへ、
書評をクリックすれば、僕の書評にいけます)

火山のふもとで
 松家仁之(書評
ソロモンの偽証
 宮部みゆき(書評
晴天の迷いクジラ
 窪美澄(書評
とにかくうちに帰ります
 津村記久子(書評
母の遺産―新聞小説
 水村美苗(書評
楽園のカンヴァス
 原田マハ(書評
空の拳
 角田光代(書評
少女は卒業しない
 朝井リョウ(書評
K
 三木卓(書評
10ひらいて
 綿矢りさ(書評
次点クラウドクラスターを愛する方法
 窪美澄(書評

 「ひらいて」はもっと上にくると思ってたのだけどこの位置でした。
なぜか、はよくわからない。12月に入ってからなんとなく考えていたの
ですが、ベスト3はこの3冊で揺るぎませんでした。「火山のふもとで」
の豊潤さ、「ソロモンの偽証」の見事な構想、「晴天の迷いクジラ」の
力強さ、みんな好きです。津村、水村、原田はどれも初めて読んだ小説
でしたが、ハマりそう。ヤバイ。角田光代のボンシング描写の見事さ、
朝田リョウの青春を描く力、三木卓の私小説の魅力。そして、10位では
ありますが一番すごかった綿矢りさ「ひらいて」!別に小説って決めて
ないのだけど今年は小説ばかりになっちゃいました。海外の小説も今年
は入らなかったなぁ。

 今年の新刊ではないけれど今年読んだ本のトップ5は以下の通り。1
位はぶっちぎりです。上のトップ10に入れても上位3冊と同レベルの
評価です。必読!

困ってるひと (ポプラ文庫)
 大野更紗(書評
おまえさん(上) (講談社文庫)
 宮部みゆき(書評
マザーズ
 金原ひとみ(書評
もういちど生まれる
 朝井リョウ(書評
大きな約束 (集英社文庫)
 /続 大きな約束
 椎名誠(書評

 で、現在の僕は宮部みゆきと窪美澄と朝井リョウの小説を読んでいれ
ばごきげんってことでしょうかね。大晦日ですね。今年もこのブログを
見てもらってありがとうございました。来年もどうぞよろしく、です。

◯過去のマイベストはこちらから。

               ◯ ◯

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。他の書評ブログもここから。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ


テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

2011年マイベスト、発表です!!!

 ふふふふふ、なんとか間に合ったぁ。2011年のトップ10です。今年
発売された新刊と復刊本から選びました。ジャンルは関係なし。コミッ
クも入ってます。タイトルをクリックすれば、僕の書評にいけます。

いねむり先生/伊集院静 
アライバル/ショーン・タン 
星を撒いた街/上林暁 
そらをみてますないてます/椎名誠 
ふらり。/谷口ジロー
そこのみにて光輝く/佐藤泰志
流される/小林信彦 
子規、最後の八年/関川夏央 
末裔/絲山秋子
10 007白紙委任状/ジェフリー・ディーヴァー 


 以上です。1位と2位はかなり迷った。どっちもスゴいです。でも、
色川武大と伊集院静の悩める魂がまるごとゴロリとそこにある「いねむ
り先生」がマイベストに輝きました。パチパチパチ。あとは書評を見て
欲しいのですが、今年は佐藤泰志と上林暁という2人の作家に出会えた
年でもありました。佐藤は復刊、上林は傑作選ということで、これは出
版社と編集者に感謝しなければなりません。ありがとうございました!






いねむり先生
伊集院 静
4087714012
アライバル
ショーン・タン
4309272266
『星を撒いた街』
上林暁
490481603X
そらをみてますないてます
椎名 誠
4163809600
ふらり。 (KCデラックス)
谷口 ジロー
4063729966






そこのみにて光輝く
佐藤 泰志
4309410731
流される
小林 信彦
416380840X
子規、最後の八年
関川 夏央
4062167077
末裔
絲山 秋子
4062167379
007 白紙委任状
ジェフリー・ディーヴァー
4163809406


 今年発売ではないけれど今年読んだ本のトップ5も発表しましょう。

昔日の客/関口良雄 
海炭市叙景/佐藤泰志 
この世界の片隅に/こうの史代 
いちばんここに似合う人/ミランダ・ジュライ 
夜をゆく飛行機/角田光代。

 去年出た本が多いのですが、これをもし昨年中に読んでいたら、2010
年のベストも大きく変わったであろう傑作ばかりです。この5冊も含め
てここで発表した15冊ははずれなしのおもしろ本。正月休みにぜひぜひ
読んでみましょう。

●2010年のマイベストはこちらです。
               ◯ ◯

2011.12.30 はいはい、では今年はこれで終わりにしましょうかね。一
応来年もこのブログ続く予定なので、どうぞよろしく。今日は、大掃除
で1日窓拭いてて疲れた、疲れた。ではでは、良いお年を!!!!!!

【書評ランキングに参加中】
おすすめの本のレビューがたくさん集まっています。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ


テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

今年のマイベスト、発表します。

 というわけで、今年のマイベストは次の通り。これは今年出た新刊に
限って選びました。タイトルをクリックすれば僕の書評に、写真を押せ
ばアマゾンの解説に飛びます。





ふがいない僕は空を見た 窪美澄ふがいない僕は空を見た第二音楽室 佐藤多佳子第二音楽室―School and Music






レンブラントの帽子 バーナード・マラマッドレンブラントの帽子あんじゅう 宮部みゆきあんじゅう―三島屋変調百物語事続






はやぶさの大冒険 山根一眞小惑星探査機 はやぶさの大冒険獣の奏者外伝 刹那 上橋菜穂子獣の奏者 外伝 刹那







イチロー・インタビューズ 石田雄太イチロー・インタヴューズ (文春新書)

小暮写眞館 宮部みゆき小暮写眞館 (100周年書き下ろし)






桐島、部活やめるってよ 朝井リョウ桐島、部活やめるってよ101Q84 BOOK3 村上春樹1Q84 BOOK 3

 1位は大穴だと思ってたのに「本の雑誌」の1位になっちゃったから
なぁ。でも「本の雑誌」発表の前にベスト宣言をしたので、それがちょ
っと自慢。窪美澄、本当に次回作が楽しみ。「1Q84」は1位でもい
いんだけど、まぁこの位置に。宮部さんが2冊入ったのは当然ですね。

 今年発売以外の本のベストも。平松さんのはエッセイですが、書評で
将来直木賞を取るって書いちゃったぐらい文章がうまい。早く小説書い
てくださいな。

悪人 吉田修一
ダーティ・ワーク 絲山秋子
八日目の蝉 角田光代
焼き餃子と名画座 平松洋子
きのうの神様 西川美和

 最後に今年の、っていうか今現在の積ん読本ベスト4。これ読んでれ
ばかなりの確実でマイベストに入ったと思うのだけど…。なんだかここ
で寝ています。早く起きなさいね!

P1070064.jpg

 はい、というわけで、今年は終わり。見に来ていただいたみなさん本
当にありがとうございました。来年もどうぞどうぞよろしく。ではでは、
良いお年を!!!!

◎応援クリックよろしくお願いします。他の本の情報もここからどうぞ!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

プロフィール

オクー

Author:オクー
コピーライターであるようだ。
吉祥寺にいるようだ。
そんなに若くはないようだ。
犬ブログもよろしく!

okuuuをフォローしましょう
更新情報はツイッター
フェイスブックで。
Akihiko Okumura

amazon
電子書籍で探す!
映画・ドラマなら
News
最新記事
お気に入りリンク
ブログランキング
blogram投票ボタン
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ村
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。