ヨシタケシンスケ no.171        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】ヨシタケシンスケ「このあとどうしちゃおう」

◇死をテーマに生きる尊さを伝える傑作絵本!
このあと どうしちゃおうこのあと どうしちゃおう
ヨシタケ シンスケ

ブロンズ新社 2016-04-22
売り上げランキング : 252

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「りんごかもしれない」「ぼくのニセモノをつくるには」に続くヨシ
タケシンスケの発想えほんシリーズ第3弾。今回は「死」がテーマ。死
んじゃったおじいちゃんの部屋から「このあとどうしちゃおう」と書か
れたノートが見つかり、孫である「ぼく」が読み始めるという設定だ。

 最初の[このあとのよてい]では死んじゃったら「ゆうれいセンター」
に行って、気が済んだら「てんごく」へ、飽きてきたら「うまれかわり
センター」で別のものに生まれ変わってこの世に戻ってくるという輪廻
の様子が描かれている。その後も[てんごくにいくときのかっこう]や
[うまれかわったらなりたいもの][こんなかみさまにいてほしい]等
々が続く。例のフニャラフニャラしたヨシタケさんの絵と全体をおおう
ユーモア、そして構成の巧さがテーマの重さを救っている。[みんなを
みまもっていくほうほう]で「かさぶたになって」とか「かぜでクルク
ルまわるビニールブクロになって」なんて描いてあるのがヨシタケさん
の真骨頂だ。

 死をテーマに子供が(そして、大人も)読む絵本を作るのはとても難
しい。後半、おじいちゃんのノートを読み進めた「ぼく」はふと思う。
おじいちゃん、本当は「さみしくて すごく しぬのが こわかったの
かもしれない」と。そして、その後で「ぼく」は…。この最後の展開が
ヨシタケさんらしくて本当に素晴らしい。死を通して生きていることの
尊さをしっかりと伝える、このメッセージは子供たちにも確実に届くは
ずだ。やるなぁ、ヨシタケシンスケ!今回も◎!!!(No.360)

◯ヨシタケシンスケのその他の本のレビューはこちらから。
※一番上にはこのページが出ます。 

            ◯ ◯

2016.5.27 なぁ〜んと早くも夏バテで体調を崩す。胃の調子が悪く病
院に。読書は原田マハ「暗幕のゲルニカ」がもう少し。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【書評】ヨシタケシンスケ「もうぬげない」

◇脱ぐか、脱げないか、それが問題だ!
もう ぬげないもう ぬげない
ヨシタケ シンスケ

ブロンズ新社 2015-10-08
売り上げランキング : 25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ふふふふふ、いいぞいいぞヨシタケシンスケ。前作「ふまんがありま
す」には不満を申し述べてしまった僕なのですが、これはもう文句なし。
文句なしにバカらしくて、文句なしにおもしろい。

 最初のページ、服が脱げなくなってバンザイのカッコのまま突っ立っ
てる男の子が1人。「ぼくのふくが ひっかかって ぬげなくなって、も
う どのくらいたったのかしら」。ジタバタしてみるが、服はいっこうに
脱げそうもない。「ぼくは このまま おとなに なるのかな」といろいろ
夢想?しちゃう男の子。そして、彼は開き直っちゃうのである。「そう
だよ! ふくが ぬげないんだったら、ぬがなきゃ いいんだ!」と。お〜
正解、正解!パチパチパチと僕は喜んじゃったんだけど、彼は不安にな
っちゃうのだ。あれとかこれとか…どうするどうする?????

 それにしてもおかしいのは、男の子がず〜〜っと「ぬげない状態」で
登場してること。笑っちゃうよなぁ。オチもしっかりと決まって着地も
見事!やっぱりヨシタケシンスケにはかなわない。と思う今日このごろ
なのでした。(No.346)

◯ヨシタケシンスケのその他の本のレビューはこちらから。
※一番上にはこのページがでます。 

            ◯ ◯

2015.12.9 義父の入院騒動などもあり、妻が行ったり来たりしていて
落ち着かない。読書は小川洋子「琥珀のまたたき」。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【書評】ヨシタケシンスケ「ふまんがあります」

◇「ふまんがあります」には不満があります。
ふまんがあります (PHPわたしのえほん)ふまんがあります (PHPわたしのえほん)
ヨシタケシンスケ

PHP研究所 2015-09-19
売り上げランキング : 863

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ブスッとした顔で少女はいう。「わたしは いま おこっている。」
「なぜなら、おとなは いろいろと ズルいからだ。」「ちゃんと も
んくを いって、 ズルいのを やめてもらおう」。さてさて、大好き
なヨシタケシンスケの新作絵本、これはどうにも見逃せない。不満をぶ
つける相手はお父さん!2人のキャラがなんともいい。ヨシタケさんの
絵はほよ〜んとしていて、いいのよねぇ。

 で、少女の大人攻撃が始まる。「どうして おとなは よるおそくま
で おきているのに、こどもだけ はやく ねなくちゃいけないの?」
お父さんが答える。「…ああ…それはねえ…」、少女の質問を上手にい
なしながら屁理屈こねるお父さんがおもしろい。前作「りゆうがありま
す」もそうだけど、このあたりのやりとりがヨシタケ絵本のおもしろさ。
少女はさらにさらに不満をぶっつけ、お父さんはさらにいいかげんな答
えを繰り返す。おかしい。

 ただ、ちょっと不満が。ヨシタケさんにしてはお父さんの答えにちょ
っとキレがない。いつもなら、プッと吹き出したり、ギャハハとなるこ
とが多いのだけど、残念ながらそれが少ない。ど〜した、ヨシタケシン
スケ。あと、不満と答えが休みなく続く構成もちょっとしんどい。ラス
トはなかなかいいけどね。(No.344)

◯ヨシタケシンスケのその他の本のレビューはこちらから。
※一番上にはこのページがでます。 

            ◯ ◯

2015.11.25 いやいや勝手に11月が終わろうとしてるぞ。マズイっ。
読書は長野まゆみ「冥途あり」。うむ。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【書評】ヨシタケシンスケ「りゆうがあります」

◇どんなことにもりゆうはある。傑作!言い訳ヘリクツ絵本。
りゆうがあります (PHPわたしのえほん)りゆうがあります (PHPわたしのえほん)
ヨシタケ シンスケ

PHP研究所 2015-03-07
売り上げランキング : 592

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 このブログでもいろいろ紹介しているヨシタケシンスケの3冊めの絵
本。いやぁ、この人は相変わらずおもしろい。これは何と言えばいいの
かなぁ「言い訳ヘリクツ絵本」とでも言うのかな。

 「ぼくは ハナを ほじる クセが ある」、お行儀が悪いとお母さ
んに怒られちゃうのだが「ぼく」は考えるのだ。「ちゃんとした りゆ
うがあれば ハナを ほじっても いいんじゃないだろうか」と。で、
考えた、考えた。その「りゆう」とは?ハナの奥にスイッチがあって、
それを押すことでみんなを楽しい気持ちにさせるウキウキビームがでる
のだ、と。おぉ!名回答!と思ったらかあさんは言うのであった。「そ
れなら おかあさんは もうじゅうぶんたのしいから ウキウキビーム
は これいじょうださないでくれる?」……完敗。

 同じようにツメを噛んだり、貧乏ゆすりをしたり、ご飯をこぼしたり、
ベッドの上でピョンピョンする「りゆう」が語られる。もちろんこの理
由は愉快でワハハなのだけど、おかあさんは動じない。このおかあさん
のキャラが素晴らしい。たまらんぞ。そして、ラスト。僕が反撃に出る。
おかあさんはいつも髪の毛をいじってるけれど、どんな「りゆう」があ
るのかと。フフフ、答えはもちろんヒミツだけど、うまいっ。そして、
この終わり方、やるねぇやるねぇ、ヨシタケシンスケ!スキッ!
(No.323)

◯ヨシタケシンスケのその他の本の書評はこちらから。
※一番上にはこのページがでます。 

            ◯ ◯

2015.4.30 というわけでゴールデンウィークは始まってるのでしょう
か。あまり関係ない。読書は又吉直樹「火花」が終わりそう。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【書評】ヨシタケシンスケ「ぼくのニセモノをつくるには」

◇そうか、「ぼく」ってなかなかおもしろいんだ。
ぼくのニセモノをつくるにはぼくのニセモノをつくるには
ヨシタケ シンスケ

ブロンズ新社 2014-09-20
売り上げランキング : 6277

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「りんごかもしれない」のヨシタケシンスケの2冊めの絵本だ。装幀
も「りんご〜」と同じスタイルでなんだかいい感じ。「りんご〜」はシ
ンプルに楽しめる絵本だったけれど、これはちょっとだけ違う。でも、
やっぱりおもしろい。

 ある日、「ぼく」はひらめいた。宿題やお手伝いや部屋の掃除、みん
なみんなめんどくさい。だから「ぼくのニセモノを つくって そいつ
に ぜんぶ やってもらおう!」と。そして、「ぼく」ことよしだけん
た君はこづかいを全部使ってセール中のロボットを一台買ってしまうの
だ。けんた君の作戦を聞いたロボットは言った。「じゃあ、あなたのこ
と、くわしくおしえてください」、さてさてどうなる??

 名前や住所から始まって、いろんな「ぼく」が語られていく。好きな
ものは「あじつきのり」だったり、できないことは「ポテトチップスの
ふくろをあける」ことだったり。そのひとつひとつにヨシタケさんのあ
のフニャラフニャラしたイラストが付いているのでやたらとおかしい。
ロボットはまだまだまだとしつこく聞く。そんな中でけんた君は「ぼく
のなかには ちいさいころのぼくも ぜんぶ はいっているんだとおも
う。」なぁ〜んてことも考えちゃう。

 ロボットはうまくけんた君のニセモノになれるのか?これは「ぼく」
ってなんだかおもしろい、「ぼく」ってなかなかすごいんだ、そんなこ
とを読むものに感じさせてくれる大人も子供も楽しめる絵本。ヨシタケ
シンスケはやっぱりスゴい。(No.304)

◯ヨシタケシンスケのその他の本のレビューはこちらから。

            ◯ ◯

2014.10.23 入院していた妻は明日退院の予定。よかったよかった。
読書は糸井重里・早野龍五「知ろうとすること。」。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【書評】ヨシタケシンスケ「結局できずじまい」

◇あぁ、人間って愛おしい。ヨシタケワールド全開だっ。
結局できずじまい結局できずじまい
ヨシタケ シンスケ

講談社 2013-01-17
売り上げランキング : 4080

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 これもまた見事なヨシタケシンスケ・ワールド。この本はヨシタケさ
んが「自分にできないこと」をテーマにした一冊だ。「はじめに」で、
この本のおもしろさを保証することも「できない」と書いてるのがおか
しい。いや、でもこれ、間違いなくおもしろいです。

 大体、この人のフニャラフニャラしたイラストがクセモノだ。そんな
におもしろくなくてもこのタッチにだまされちゃってる気もする。で、
ヨシタケさん、本当にいろいろと「できない」。おしゃれができない、
ボウリングができない、柔軟体操やキレイに食べること、献血、お祭り
をエンジョイすることもできません。ううむ、これ、僕、わかるなぁ。

 「ゆっくりお食事ができない」の項も傑作。一口で食べる量が多く、
しかも、あまり噛まず、熱いものも平気な作者。みんなより先に食べ終
わって、時間をつぶすのに苦慮しています。なんとなくメニューを見た
り、水を飲んだり、おハシの袋をたたんだり…おかしい。「みんなでテ
レビ鑑賞ができない」理由は、各々の対応やコメントが気になって落ち
着かないから。ラブシーンが始まるとみんなモジモジするけれど、この
人の場合、どんな番組でもみんなで見るとモジモジしちゃうらしい。あ
ぁ、たまらないっ。なんだかこれ読んでると人間が愛おしくなってくる。
ヨシタケシンスケ、ホント〜に好きだ。(No.286)

◯どれもおもしろい!ヨシタケシンスケのその他の本のレビューは
 こちらから。 

            ◯ ◯

2014.5.26 コンピュータ、またちょっと不安が。大丈夫なんでしょう
か?読書は川村元気「世界から猫が消えたなら」が終わりそう。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【書評】ヨシタケシンスケ「しかもフタが無い」

ヨシタケシンスケの「気づきノート」のようなもの。グッド!
しかもフタが無いしかもフタが無い
ヨシタケ シンスケ

PARCO出版 2003-09
売り上げランキング : 47593

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 このタイトルからしてもうヨシタケシンスケのセンスの良さがうかが
われる。「りんごかもしれない」ですっかりこの人にハマってしまった
僕なのだが、いやいやこれもまたスゴい。

 表紙裏には「グチと詩と買い物メモと日記と生活の知恵と電話中のメ
モとそんなものがごちゃごちゃになっている一冊の記録」とあるのだが、
なんて言ったらいいのかなぁ、ヨシタケさんの「気づきノート」みたい
なものではなかろうか。たとえばトライアングルを持った男の子が並ん
で立ってるイラストには「2人もいらん」の文字。「ロールケーキが台
なし」というコメントの横にはタテに来られたロールケーキが!なると
も金太郎飴も見事に「台なし」になっている。

 こんな感じでイラストにちょっとした言葉がついているのがこの本だ。
本当にいろんなことがセレクトされてるので、僕がツボにはまったもの
とあなたがはまるものは違うのだろう。ヨシタケシンスケはそれだけ幅
広い感性の持ち主ということだ。ちょっと前に紹介した「せまいぞドキ
ドキ」より、ちょっとだけクロウト好みの一冊。分かる人には分かりす
ぎるぐらい分かる楽しい本だ。ヨシタケシンスケ、いいなぁ。(No.282)

◯ヨシタケシンスケのその他の本のレビューはこちらから。 

            ◯ ◯

2014.4.22 そろそろウチの「ずっとつけっぱなし暖房」とめるかなぁ。
毎年、この時期までついてる。読書は朝井リョウ「スペードの3」!

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【書評】ヨシタケシンスケ「せまいぞドキドキ」

◇閉所恐怖症のみなさんはもちろん見ないほうがいいですよ。
せまいぞドキドキせまいぞドキドキ
ヨシタケ シンスケ

講談社 2013-01-17
売り上げランキング : 74153

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「りんごかもしれない」がすご〜〜くおもしろかったヨシタケシンス
ケ。「りんご〜」は初めての絵本ということで子供も大人も楽しめる一
冊だったけれど、この本は完全に大人向け。やぁやぁ、やっぱりこの人
はおもしろいっ!ヨシタケシンスケにはまりそう。

 で、これは、タイトル通り、せまいところをテーマにした本だ。本と
いうかイラストエッセイ、かな。あのヘロヘロなヨシタケイラストがほ
んとにいい感じ。それでまぁ、キオスクとか宝くじボックスなどのせま
いお店から始まって、せまい服(宇宙服とかね)、せまいエレベーター、
せまい階段の下、せまい車の中、せまい寝床、せまい回転ドア、せまい
改札、せまい机などなど、まさにせまいのオンパレード。せまいが大好
きなヨシタケさんの一言一言が心にしみる(うそ)。いや、なんだかわ
からないけど、そのコメントひとつひとつがおかしいのだ。

 閉所恐怖症のみなさんはもちろん見ないほうがいいですよ。ドキドキ
しすぎて心臓マヒ起こしたら困るから。ま、間違っても読まないと思う
けど。せまいエレベーターの項で開閉ボタンがわかりにくいって話にな
り、こんなボタンがいいって描いてくれたヤツが超よかった。僕もあれ
絶対迷うのでああいうのにして欲しい。とにもかくにもヨシタケシンス
ケは、おかしくおかしくて、かっこいい。(No.278)

◯ヨシタケシンスケ「りんごかもしれない」のレビューはこちらから。 

            ◯ ◯

2014.3.24 まとめ買い、しようかな、やめよかな。めんどくさいな。
という感じのダメな私。読書は窪美澄「よるのふくらみ」。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【書評】ヨシタケシンスケ「りんごかもしれない」

◇これ子供たちは楽しくてたまらないだろうなぁ。
りんごかもしれないりんごかもしれない
ヨシタケシンスケ

ブロンズ新社 2013-04-17
売り上げランキング : 1922

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 今年の「MOA絵本屋さん大賞」の受賞作品。とはいえ「MOA」が
絵本の雑誌でこの賞が絵本専門店・書店の児童書売り場担当者のアンケ
ートによって選ばれたことも知らなかった。でも、このタイトルと表紙
を見て、読みたいって思ったんだよなぁ。

 で、いやいやいや、これはいいぞぉぉぉ。というか、スゴいっ。ヨシ
タケシンスケ、最高!著者のことも知らなかったのだけど、これが初め
ての絵本なのだが、これ以前に出した本やイラストの仕事の評価が高く、
ぜひ絵本を!という声がけっこうあった人らしい。

 さて、この「りんごかもしれない」、主人公の男の子がテーブルの上
でりんごを見つけるところから始まる。そして、彼は思うのだ「……で
も……もしかしたら これは りんごじゃないかもしれない。」と。男
の子の頭の中でいろいろな思いが動き出す。「もしかしたら おおきな
さくらんぼの いちぶかもしれない。」「ひょっとして あかい さか
なが まるまっているのかもしれない」。ヨシタケさんのちょっととぼ
けた、しかし表現力豊かなイラストが想像力をさらに広げていく。男の
子の「かもしれない」は、どんどんと愉快で突拍子もない方向へと進み、
ステキにシュールになっていく。ラストの着地がまたまた見事。あ〜〜
うまいなぁ。パチパチパチ!これ、子供たちは楽しくてたまらないだろ
うな。ずっとずっと側において読みたいだろうな。もちろん、大人たち
だって。というわけで、これ、いいかもしれない、すごくすごく好きか
もしれない。(No.272)
            ◯ ◯

2014.2.20 一番なって欲しくない人が都知事に。絶望したり、分析し
たり、反省したり。読書は波野好江「中村勘三郎 最期の131日」。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

プロフィール

オクー

Author:オクー
コピーライターであるようだ。
吉祥寺にいるようだ。
そんなに若くはないようだ。
犬ブログもよろしく!

okuuuをフォローしましょう
更新情報はツイッター
フェイスブックで。
Akihiko Okumura

amazon
電子書籍で探す!
映画・ドラマなら
News
最新記事
お気に入りリンク
ブログランキング
blogram投票ボタン
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ村
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。