有元利夫 no.19        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「有元利夫 絵を描く楽しさ」、その平易さの中の奥深さ!

双子のように生きた、といわれる妻容子の回想部分も印象的。

有元利夫 絵を描く楽しさ (とんぼの本)有元利夫 絵を描く楽しさ (とんぼの本)
有元 利夫 有元 容子 山崎 省三

新潮社 2006-09-21
売り上げランキング : 19838
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 現在、東京都庭園美術館で没後25年の展覧会が開催されている有元利
夫。開催が決まった時にこの本をちょっとだけ紹介したが、改めて。

 「とんぼの本」シリーズのこの一冊は有元利夫ファンにはたまらない。
ファンではなくても、絵が好きな人には読むことをおすすめしたい。様
々なことが書いてあるが、有元さんが自らの作品やその製作プロセスを
引き合いに出しながら語る美術論、絵画論は、すごく平易だ。評論家に
しても画家にしても、なんだかやたらと難しい言葉を使って語る人が多
い中で、彼の言葉はす~っと心に届く。しかも、深い。そして、納得が
できる。普通の言葉を使って大切なことをきちんと語れるのだからスゴ
いのだ。

 この本が出されたのは、生誕60年、没後21年の時。38歳、画業10年
足らずで亡くなってから今年で四半世紀が過ぎた。25年であの素晴らし
い絵がどのように変化し、新たな展開を生んだのか…。思ってみてもし
かたがないことをついつい考えてしまう。

 双子のように生きた、といわれる容子夫人の回想の部分も印象深い。
芸大では音楽部のリコーダーの授業まで受けていたこと。「容子は俺が
死んでから描けばいいじゃない」と言われたこと。有元の伴奏をするた
めにチェロを習いに行ったこと。古い額縁を買ってそれにあわせて絵を
描いていたこと、などなど。絵はもちろん、立体や素描、好きだった品
々などの写真も多く収められていて、何度も見てしまう。庭園美術館×
有元という組み合わせは本当に魅力的。展覧会を見る前にこの本を読ん
でおけば、さらに興味が深まると思う。

               ◯ ◯

2010.7.28 宮部みゆきの「小暮写眞館」を読み終え、朝井リョウ「桐
島、部活やめるってよ」を読み始める。これはとにかくタイトルがうま
い。タイトルだけでプラス何万部って感じ、表紙の写真もいいのよね。

◎応援クリックぜひ1つお願いします。他の書評へもここからどうぞ!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

7月東京都庭園美術館で「有元利夫展」!

庭園美術館で有元利夫、という幸せ!
現在、郡山市立美術館でやっている「有元利夫展-天空の音楽」がこの
夏、東京都庭園美術館でも開催される。庭園美術館で舟越桂というのも
良かったけれど、有元利夫をあの場所で見られるのは本当にうれしい。
没後25年なんですねぇ。画業わずか10年、38歳で夭折した彼だが、遺
したものはとても大きい。夏にはまたあの絵に会える!詳細はこちら

展覧会のことは会期が近づいたらまたお知らせしますが、有元利夫の本
ならこの2冊がおすすめ。前者は画家自身の言葉がたくさん収められて
いてうれしいし、後者は同じく画家である妻の回想と利夫の青春日記で
有元の新たな一面が浮き彫りになっています。どちらも絵や彫刻など彼
の作品がたくさん収録されているので得した気分。ぜひ!

有元利夫 絵を描く楽しさ (とんぼの本)
410602148X

花降る日
4103617039

さらに本の感想などを見る。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

テーマ:オススメ本!! - ジャンル:本・雑誌

プロフィール

オクー

Author:オクー
コピーライターであるようだ。
吉祥寺にいるようだ。
そんなに若くはないようだ。
犬ブログもよろしく!

okuuuをフォローしましょう
更新情報はツイッター
フェイスブックで。
Akihiko Okumura

amazon
電子書籍で探す!
映画・ドラマなら
News
最新記事
お気に入りリンク
ブログランキング
blogram投票ボタン
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ村
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。