こうの史代 no.58        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市民の側から戦争を描いた大傑作「この世界の片隅に」。






この世界の片隅に(前編) (アクションコミックス)
こうの 史代
457583940X
この世界の片隅に(後編) (アクションコミックス)
こうの 史代
4575839418

 これはまぎれもない傑作!「夕凪の町 桜の国」と並ぶこうの史代の
代表作だろう。彼女の作品を比類なきものにしているのは、キャラクタ
ー設定の見事さと常にユーモアを忘れない表現にある。この2つがあれ
ばこそ、戦争、そして、原爆の悲劇を描きながらも暗いだけの物語にな
ってはいない。それが読む者にとって大きな救いなのだ。

 「この世界の片隅に」の主人公は北條すず。何を考えているのかよく
わからない、ちょっとドジなところもある少女だ。のんびりとした性格
のこの18歳の女性が広島から呉へと嫁ぐ。時は昭和18年から19年へ、
もちろん戦時下の暮らしだ。しかし、後半になるまで戦況自体が描かれ
ることはない。ここで描かれるのは、すずと北條家、そして実家の人々
の「銃後の暮らし」である。すずと夫である周作との初々しい愛、ちょ
っといじわるな義姉との心のつながり、娼婦であるリンとの友情などな
ど、人と人が生きている確かな暮らしがそこにはある。こうの史代の表
現は、いつも通り多彩だ。ある回では「愛國いろはかるた」なるものを
再現したり、「とんとんとんからりと隣組」の歌に合わせたほとんどセ
リフなしの回があったり、当時の献立をくわしく描いたり。何度もくり
返し見たくなるページが多い。

 物語は敗戦に向かい突き進んでいく。呉という町は、帝国海軍の拠点、
広島の軍都だ。空襲は日に日に激しくなり、そんな中ですず自身にも悲
劇が起こる。そして、広島の町にはついに…。この後半にいたってもこ
うの史代の表現にはブレがない。原爆の描写も過剰にはならないし、ユ
ーモアも忘れない。「人間」を見る作者の目はあくまで優しい。敗戦後
を描いたエピローグ的な5話が素晴らしい。すずをはじめとする人々の
健気さ、強さが心を打つ。そして…、カラーで描かれた呉の町の美しい
こと!市民の側から戦争を描いてこれは本当に見事な物語である。
(No.170)

※僕が読んだのは上中下3巻(A5判)のアクションコミックスだが、
最近、前後編(B5判)のものが出たようなので書影はこちらを紹介。

               ◯ ◯

2011.8.26 東京は午後から雷雨。明日まで降り続くようだ。政局も荒
れ模様でどうなることやら、という感じだが。いくら待っても晴れ間な
どあらわれそうもないのが悲しい。

◎他の書評やレビューを探したい時はこちらからどうぞ!
にほんブログ村☆書評・レビューページへ
人気ブログランキング☆本・読書ページへ
スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

強い思いと確かな才能が生み出した傑作「夕凪の街 桜の国」。

2つの物語を通して描く、広島とそこに生きる人々のそれから。

夕凪の街 桜の国 (双葉文庫)夕凪の街 桜の国 (双葉文庫)
こうの 史代

双葉社 2008-04-10
売り上げランキング : 38881
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ヒロシマ、そして原爆をテーマにしたことで話題を集め、多くの賞を
受賞したこうの史代のコミック「夕凪の街 桜の国」。この作品は、原
爆投下から10年後の広島を舞台に皆実という女性を描いた「夕凪の街」
と現代と過去を行き来しながら彼女とつながりのある人々を描く「桜の
国」、2つの物語からできている。「あの事」を「いまだにわけがわか
らない」と思っている10年後の広島の人たち、しあわせだと思うたび、
「おまえの住む世界はここではないと誰かの声がする」と感じる皆実。
そして、彼女の次の世代にまで影響を及ぼす原爆の影。そんな苦しみの
中、なんとか生き抜こうとする主人公たちの健気さ、たくましさが心を
打つ。

 あの日のヒロシマから、今、現在まで、綿々とつらなっている思い、
その思いは当事者でない、あるいは当事者ではないと思っている多くの
日本人にも共有されているのか?という疑問が作者にはあったのだと思
う。それをより普遍的なものにしたい、という強い気持ちも。だからこ
そこうの史代はこの作品を作れたのだ。2編をつないでゆく構成の巧み
さ、個性的なキャラクター、ユーモアを忘れないストーリーなど彼女の
漫画家としての力量がその思いを支えている。実は、絵のタッチは最初、
自分の好みではないと思っていた。しかし、何度も読み直していくうち
に、この絵があってこそのこの物語だ、と思い直した。欧米やアジアで
翻訳出版され、映画化もされた傑作コミック。まだの人はぜひ一読を!!

◎応援クリックぜひ1つお願いします。他の書評へもここからどうぞ!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

プロフィール

オクー

Author:オクー
コピーライターであるようだ。
吉祥寺にいるようだ。
そんなに若くはないようだ。
犬ブログもよろしく!

okuuuをフォローしましょう
更新情報はツイッター
フェイスブックで。
Akihiko Okumura

amazon
電子書籍で探す!
映画・ドラマなら
News
最新記事
お気に入りリンク
ブログランキング
blogram投票ボタン
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ村
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。