■さ行の作家 no.71        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】椎名誠「孫物語」

◇孫たちとの黄金の夏休み!じいじいシーナの幸せ。
孫物語孫物語
椎名 誠

新潮社 2015-04-21
売り上げランキング : 23063

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 なぜか集英社から新潮社へと出版社は変わったけれど、これもまたあ
の「岳物語」シリーズの一冊だ。椎名誠はもちろん小説もいいのだが、
こういう極私的エッセイはすこぶるおもしろい。ま、デビューが「さら
ば国分寺書店のオババ」の人ですからね。

 というわけで、「孫物語」!長男との交流を描いた「岳物語」から30
年。シーナは長男の子供たちのじいじいとなり、帯の言葉を借りるなら
ば「71歳、ただいまイクジイ中!」なのである。ま、これはシリーズ前
作である「三匹のかいじゅう」からの流れで、内容的にダブル部分もあ
るのだけど…。長男・波太郎、長女・小海、次男・流(なぜか「三匹の
かいじゅう」とは名前が違う)の3人は、それぞれ個性豊かで、さすが
のシーナも振り回されている。

 ま、じいじいになったら誰でもそうなのだろうが、振り回されながら
もやたらとうれしそうだ。そんなジジバカ話の途中に、アイスランド旅
行の話や日本の貧弱な道路行政の話、そして、シーナの義母の話などが
ちょうどいい感じで挟み込まれていてバランスがいい。「黄金の夏休み」
と題された最終章。波太郎と2人で余市にある山の上の家に行く話が素
敵だ。波太郎の小学校最後の夏休み。2人が交わす何でもない会話、で
も、そこに、なんともいえない幸せをシーナは感じるのだ。ううむ、や
っぱりこのシリーズはおもしろいぞ。(No.331)

◯椎名誠のその他の本のレビューはこちらから。
※一番上にはこのページがでます。
 
            ◯ ◯

2015.7.4 なでしこ〜〜〜〜、またまた、決勝まで来ちゃったなぁ。
すごい!どうなることか、と一時期は思ってたんだけどなぁ。またす
ごい試合が見られそう。読書は窪美澄「さよなら、ニルヴァーナ」!

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【書評】澤田瞳子「若冲」

◇虚実ないまぜの中で描かれる、異能の画家・若冲その人。
若冲若冲
澤田 瞳子

文藝春秋 2015-04-22
売り上げランキング : 1848

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 伊藤若冲について書かれた小説ってあるのだろうか?2000年の大
回顧展以来ブレイクした若冲は僕も大好き。でも、彼の人生については
雑誌の特集や展覧会のパンフでしか知らなかった。とういわけで、「若
冲・伝」のような話を期待して読み始めたのだが…。

 8編の連作を通して描かれるのは40歳から84歳で死ぬまでの若冲。
しかし、そこには、自死した妻のお三輪、その弟で若冲を憎み自らも画
家となる弁蔵、腹違いの妹お志乃など作者が創りだした人物が物語のキ
ーパーソンとして登場する。つまりこれは「若冲・伝」ではなく、異能
の画家伊藤若冲を主人公にした「物語」なのだ。

 では、つまらないのか、と問われればそんなことはまったくない。あ
の「動植綵絵」をはじめとする彼の絵の創作秘話もあれば、池大雅、円
山応挙、与謝蕪村等との交流、若冲が錦高倉四町の市場を守るために活
躍したという話の実際もわかる。天明の大火の凄まじさも見事に活写さ
れている。そして何より、全編を通して浮かび上がってくるのが、画家・
伊藤若冲その人だ。彼の絵を見て誰もが感じるなぜここまで、という執
念。奇妙さや不思議さ。澤田瞳子は、虚構と史実をないまぜにしながら
画家・若冲と彼の絵に対する思いを見事に描き出している。そこに彼女
の深い洞察力と確かな筆力を感じる。

 伊藤若冲に少しでも興味がある人にはぜひ読んでもらいたい一冊だ。
                           (No.328)
            ◯ ◯

2015.6.8 さてさてさてさて、女子サッカー、ワールドカップが始まっ
た。明日はなでしこ登場、見るぞ。読書は川上弘美「水声」。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【書評】沢木耕太郎「流星ひとつ」

◇若き藤圭子の魅力を見事に浮き彫りにした傑作ノンフィクション。
流星ひとつ流星ひとつ
沢木 耕太郎

新潮社 2013-10-11
売り上げランキング : 6732

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 これ、去年読んでいたらベスト5には入っていたと思う。1979年、
引退を発表した藤圭子に著者がしたインタビューがこの「流星ひとつ」の
元になっている。当時、刊行することに迷いを感じた沢木は、結局この物
語を発表せず、特別に作った一冊だけを彼女に贈った。

 永遠に葬ったと思っていたその本が復活したのは、言うまでもなく藤圭
子が自ら命を断ったからだ。娘である宇多田ヒカルのコメントを聞いた時、
沢木は思った。藤圭子という女性の「水晶のように硬質で透明な精神を定
着したものは、もしかしたら『流星ひとつ』しか残されていないかもしれ
ない」と。

 以上の話は著者の「後記」によるものだ。本文は地の文はなく会話(イ
ンタビュー)だけで表現されている。しかし、これは雑誌などの「インタ
ビュー記事」とはまるで違う。沢木耕太郎が構成に工夫を凝らし、インタ
ビューする自らの言葉を操りながら作った、まさに野心作だ。そこがまず
素晴らしい。そして、何より感動するのが、28歳の藤圭子が女性として
本当に魅力的なことだ。真っ直ぐで純粋で可憐で大胆!あまりに真っ正直
に様々なことが語られて戸惑う部分もあるのだが、それより何より、彼女
の話に引き寄せられてしまう。

 宇多田ヒカルはこの本を読んだのだろうか? 幼い頃から病が進行して
いくだけの母を見てきた彼女が、母親にもこういうピュアな魂を持った時
代があった、ということを知ることができたならば。それだけでも、この
1冊が世に出た意味は大きいと僕は思う。(No.271)

◯沢木耕太郎のその他の本のレビューはこちらから。        

            ◯ ◯

2014.2.3 フィリップ・シーモア・ホフマンが亡くなったというニュース
にショックを受ける。いい役者でした。読書は宮部みゆき「ペテロの葬列」。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【書評】関容子「勘三郎伝説」

◇公私ともに親しかった著者だけが書けた勘三郎。
勘三郎伝説勘三郎伝説
関 容子

文藝春秋 2013-11-18
売り上げランキング : 10127

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 勘三郎が死んで、もう1年以上が過ぎた。僕はまだ彼の死を受け入れ
られないでいる。この気持ちは贔屓であった人間ならば誰しもだろう。
先代から付き合いがあり、若き勘三郎を描いた「役者の青春−中村屋三
代」からずっと彼を追いかけてきた筆者・関容子も当然同じで、もちろ
ん僕らよりもはるかにその思いは強いはずである。

 「勘三郎伝説」は若い頃からの中村屋のエピソードを十一章に分けて
描いているのだが、そういう話の最後にはいつも勘三郎の死を惜しみ、
信じることが出来ず、途方に暮れている筆者の姿がある。第一章は「初
恋の人に銀の薔薇を」というタイトルで太地喜和子との熱く激しい恋の
ことが語られている。その物語の端々に人間・波野哲明の姿が垣間見え
てくる。歌舞伎への愛もまたしっかりと伝わってくる。それはすべての
エピソードに通じることだ。仁左衛門との話もいい、海老蔵との話もい
い、井上ひさしとの話、宮沢りえとの話もいい。みんないい。

 長年取材を続け、公私ともに親しかった関容子だからこそ書けたこの
一冊。歌舞伎ファンはもちろんのこと、勘三郎を全く知らない人にもぜ
ひ読んでもらいたい。こんな男がいたのか、と必ずや感嘆することだろ
う。(No.269)

◯関容子のその他の本のレビューはこちらから。 

◎「勘三郎伝説」は2015年10月9日、文春文庫から文庫になりました。
勘三郎伝説 (文春文庫 せ 2-5)
関 容子
416790473X

            ◯ ◯

2014.1.20 うむうむ、寒い。あんまり寒いと体に悪いぞ。いやいやホン
ト。読書は角田光代「私のなかの彼女」が終わり沢木耕太郎「流星ひとつ」。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

じじバカ小説でいいじゃないか!椎名誠「三匹のかいじゅう」。

三匹のかいじゅう三匹のかいじゅう
椎名 誠

集英社 2013-01-04
売り上げランキング : 20238

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 シーナ氏が「軽い私小説のようなもの」と呼ぶ「岳物語」シリーズ。
なんとスタートしてから30年が経つという。「軽い私小説」というの
は何だかいいなぁ。重い私小説よりも軽い私小説の方が僕は好きだ。

 さて、「三匹のかいじゅう」だが、前作の「大きな約束」(正、続)
は、息子である岳のファミリーがアメリカから日本に帰国したところで
終わっている。ずっとアメリカ暮らしだった彼らが帰国したその理由と
は?ひとつは3人目の子供の出産。もうひとつは子供たちに日本の暮ら
しを体験させたいという親としての思いがあったからだ。

 好奇心旺盛な長男の風太君、ちょっとわがままな長女海ちゃん、そし
て、物語の中で誕生する次男の琉太君。こんな「かいじゅう」たち相手
に奮闘するじいじいシーナ氏。3.11もある、孫たちの病気もある、しか
し、自らあとがきで書いてるようにこれは「じじバカ小説」以外の何者
でもない。なんだかんだ言いながらもじじもばばも喜々としている。で
も、それがいいのだ。若き父親だったシーナ氏と岳少年とのゴツゴツと
した交流から始まったこのシリーズが、こんな地平の彼方まで来ちゃっ
たなんて…。なんだかすごい。シーナ氏も今年で69歳。時は巡り、そ
して、繰り返す。このシリーズ、まだまだ楽しみである。(No.238)

◯椎名誠の他の本のマイレビューはこちらから。 

◎「三匹のかいじゅう」は2016年1月20日、集英社文庫から文庫にな
 りました。
三匹のかいじゅう (集英社文庫)
椎名 誠
4087454061

               ◯ ◯

2013.5.6 ゴールデンウィークも今日で終わり。まぁ例年通り、どこ
にも行かないでヘラヘラしてました。読書は木皿泉「昨夜のカレー、明
日のパン」!!

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。他の書評ブログもここから。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【書評】沢木耕太郎「キャパの十字架」

◇1枚の写真のために十字架を背負った男の人生を追った傑作。

キャパの十字架キャパの十字架
沢木 耕太郎

文藝春秋 2013-02-17
売り上げランキング : 1927

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 カメラマンであるキャパの傑作として名高い「崩れ落ちる兵士」。タ
イトルは知らなくても見れば誰もが「あぁ」とうなずく一枚だ。「ピカ
ソの「ゲルニカ」と並ぶ、スペイン戦争のイコン」と作中で登場人物が
語るその写真には、以前から疑問を呈する声があったという。

 作者は伝記の翻訳がきっかけでキャパへの関心を高め、この写真に対
しては「訳していく過程で小さな疑問が芽生え、やがてそれはみるみる
大きなものになっていった」と言う。彼はその疑問を自分なりに解決す
るために動き始める。最初は同じ場所で撮ったと思われる数枚の写真を
足がかりに。ついには現地まで飛んで。その取材や考察を通じて明らか
になった「真実」。これには本当に驚かされた。え〜っそうなの?そん
なことがあっていいの?

 NHKスペシャルを見た人もいるだろうが、テレビはまず結論ありき
だ。しかし、そこまでたどり着く過程こそがおもしろいので、ぜひ本書
を手に取って読んでみて欲しい。その検証は精緻を極め、おそらく多く
の人にとって納得のいくものであろう。長年ノンフィクションやドキュ
メンタリーに携わってきた作者ならではの観察力、洞察力の鋭さを改め
て感じた。

 ここで明らかになったことは、ある意味「裏切り」というべきものな
のかもしれない。しかし、これは告発の書ではないのだ。「キャパの十
字架」というタイトルでわかるように、この1枚の写真のために十字架
を背負ったキャパという人間がそれ以降をどう生き、死んでいったか。
作者はそれを描くことで、この一冊を見事なノンフィクション作品に仕
上げたのである。(No.236)

◯沢木耕太郎の他の本のレビューはこちらから。 

◎「キャパの十字架」は2015年12月4日、文春文庫から文庫になりま
 した。
キャパの十字架 (文春文庫)
沢木 耕太郎
4167905167

               ◯ ◯

2013.4.17 ボストンはやはりテロなのだな。みんなが心を解放して楽
しんでいる場での卑劣な行為。許しがたい。読書は椎名誠「三匹のかい
じゅう」。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。他の書評ブログもここから。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

佐藤正午が自ら短編のベストと語った「カップルズ」の巧みさ。

カップルズ (小学館文庫)カップルズ (小学館文庫)
佐藤 正午

小学館 2013-01-04
売り上げランキング : 165191

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 作者である佐藤正午は、地元・長崎新聞のインタビュー(2013.1.8)
で代表作は?と問われ「長編では「5」、短編集なら「カップルズ」」
と答えている。「5」はいい、というかスゴい。これは必読だ。「カッ
プルズ」は未読だったので、文庫化を機に読んでみた。ううむ、やっぱ
りこの人はおもしろい。こういう小説らしい小説を書く人が僕は本当に
好きだ。

 さて、この物語、タイトルの通り、男と女をテーマに描かれた7つの
ストーリーが収録されている。話は噂から始まる。妻の不倫の噂、男の
夜逃げの噂、酒場で起こった事件の噂などなど。その噂を聞いて真相を
探ろうとする作者自らを投影したような、していないような「小説家」
が語り手だ。ある噂がめぐりめぐって事実とは違うものになる。あるい
は当事者の思惑とは別のところで違う噂を生み出す。著者がここで描き
出すのは人間というもののおかしさ、愚かさ、悲しさ。さらには、人と
人とのコミュニケーションの微妙さ、などなど。そこには、まるごとの
「人間」がいる。

 佐藤正午という作家は本当に巧みだ。巧みだけれどイヤミではない。
いつの間にか彼の術中にはまり、読み終わってみれば、いやぁやられた
なぁ、という類いの巧みさだ。1人の男が絡んだ2つの事件と女たちを
描く「アーガイルのセーターはお持ちですか?」と「小説家」自らの噂
に話が及ぶラストの一編「グレープバイン」が素晴らしい。(No.233)

5 (角川文庫)
佐藤 正午
404359304X


◯佐藤正午の他の本のレビューはこちらから。 

               ◯ ◯

2013.3.16 東京、桜開花したんだ。武蔵野市の桜まつりは4月の7日
かぁ。ううむ。読書は西田征史「小野寺の弟 小野寺の姉」。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。他の書評ブログもここから。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

じいじいになったシーナ氏は何を思う?「大きな約束」正続。






大きな約束 (集英社文庫)
椎名 誠
408746797X
続 大きな約束(集英社文庫)
椎名 誠
4087468097

 これは「岳物語」「続 岳物語」「春画」「かえっていく場所」と続
くシーナ的私小説シリーズの最新刊だ。椎名誠ファンの僕は前の4冊は
全部読んでいる。このシリーズ、息子である岳との交流を描いた「岳物
語」が大ヒットし、累計で400万部突破というからスゴい。さて、その
岳少年だが、19歳で渡米し、ずっとアメリカ暮らし。今ではなんと風太
くん、海ちゃんという兄妹の父親である。

 家族の物語であったこのシリーズだが、この「大きな約束」正続2冊
では家族がみんなバラバラに暮らしていて、シーナ氏の身辺雑記の感が
強くなっている。そんな中で、風太くんが東京の「じいじい」にかけて
来る電話が清涼剤的な役割をはたしていて何ともいい。彼が電話の向こ
うからじいじいに問いかける。「なんでハナにはハナクソが入っている
んだ?」「なんでナルトはグルグルなんだ?」、風太くんとの電話にシ
ーナ氏はいつもちょっと緊張しながら対応している。その感じがまたい
い。そして彼は思うのだ。「いま自分は、ようやく人生のなかでいちば
ん落ちついたいい時代を迎えているのかもしれないな」と。長い家族の
時間を経た後でのこの言葉が胸を打つ。

 「続 大きな約束」では岳一家が帰国を決める。風太くんと妹の海ち
ゃんが側にやってきてシーナ氏の日常はどのように変わるのか。続巻が
またまた楽しみである。(No.204)

               ◯ ◯

2012.7.13 じゃ~ん、13日の金曜日。なんだか心煩わせることがいろ
いろあってヤになっちゃう。しかも、ジトジトしてるし。読書はリュド
ミラ・ウリツカヤ「女が嘘をつくとき」。

【書評ランキングに参加中】
気に入ったらぜひポチッと。他の書評ブログも読めますよ。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

競輪をテーマに人間を描く佐藤正午の「きみは誤解している」。

きみは誤解している (小学館文庫)きみは誤解している (小学館文庫)
佐藤 正午

小学館 2012-03-06
売り上げランキング : 144946

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 文庫化されたのですぐに読んだ。と思ったら、これ何と2度目の文庫
化だ。単行本は2000年に岩波書店から発売され、03年に集英社文庫に。
僕が読んだのはこの3月に出た小学館文庫のものだ。当ブログでも以前
から佐藤正午ファンだと言ってるのに、このプロセスをまったく知らな
い。やれやれ。インチキくさいファンである。

 「きみは誤解している」は6つの作品を収めた短編集だ。すべて競輪
をテーマにした話である。登場するのは、競輪がなかなかやめられない
男とそのことでギクシャクしている恋人、堅いと自分で信じているレー
スしか買わない信金勤めの女、子供の頃からひとりぼっちで今も働かず
競輪だけで食っている男などなど。一人一人が人間くさくてグイグイと
話にひきこまれていく。

 さて、この本、競輪ファンやギャンブル好きしか楽しめないかという
とそんなことはまったくない。なぜなら、これはギャンブル小説ではな
くて、ギャンブラー小説だからだ。競輪選手を主役にした話はひとつも
ないし、選手がレースのアヤを語ったりもしない。ここで描かれている
のはあくまで「人間」。佐藤正午の他の小説がそうであるように、人と
人が出会ったり別れたりする中で、何かが変わったり、変わらなかった
り。何かを得たり、失ったり。運命にもてあそばれる人々のおかしみや
その変遷、人間心理の妙等々、ストーリーを通してじわじわっと心に迫
って来るものがある。これこそが佐藤正午の小説を読む醍醐味なのだと
思う。ある出来事をきっかけに車券を買わなくなった男が会社の金を持
ち逃げした兄を追い競輪場へと向かうラストの一編「人間の屑」が何と
いっても秀逸だ。(No.194)

◯佐藤正午、その他の本の書評はこちらから。

               ◯ ◯

2012.4.1 残念ながら今の日本にはエイプリルフールを楽しむ余裕もな
さそう。読書は朝井リョウ「少女は卒業しない」がもうすぐ終わる予定。

【書評ランキングに参加中】
おすすめの本のレビューがたくさん集まっています。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

音楽や仲間との交流を通し成長していく主人公、佐藤多佳子「聖夜」。

聖夜 ― School and Music聖夜 ― School and Music
佐藤 多佳子

文藝春秋 2010-12-09
売り上げランキング : 145977

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 久しぶりの佐藤多佳子。School and Musicシリーズと銘打たれた2
冊のうちの1冊。もうひとつの「第二音楽室」はすでに読んで書評もあ
げているのだが、なぜかこちらだけ遅くなってしまった。読み始めて改
めて思ったのは佐藤多佳子の文章のうまさだ。普通の文章が普通にうま
い。さすが、である。「第二音楽室」は短篇集だったが、こちらは長編。
さて、どんな物語が僕らを待っているのか?

 主人公はキリスト教系の高校に通う鳴海という男の子。彼には母が父
の元から去ったことへのトラウマがあり、学校生活や部活、周りの人々
に対してどこか斜に構えている。さめた感じがする若者なのだ。オルガ
ン部に入っている鳴海は、他の部員よりもはるかに優れた技を持ってい
るのだが、メシアンの難曲を弾くことになっていた文化祭の直前にとん
でもない行動に出てしまう。

 これは鳴海が音楽やオルガン部の仲間たちとの交流を通して、苦しみ
ながらも成長していく姿を描いた物語だ。教会の牧師である父との会話、
後輩からの恋の告白、ロック好きの友人との交流が、彼の心を少しずつ
変えていく。鳴海や部活仲間たちの演奏場面の描写が素晴らしい。奏者
の思いとその音が一緒になって読む者の心に響く。クライマックスのパ
イプオルガンの演奏、そして、クリスマスツリーを見上げての会話と合
唱が感動的。「第二音楽室」と共に読んで欲しい音楽小説の傑作だ。
(No.189)

●佐藤多佳子、「第二音楽室」を含むその他の書評はこちらです。

◎「聖夜」は2013年12月4日、文春文庫で文庫化されました。
聖夜 (文春文庫)
佐藤 多佳子
4167857022


               ◯ ◯

2012.2.9 今日は母の87歳の誕生日。ささやかなお祝いを。読書は、
「のぼうの城」読了。朝井リョウ「もういちど生まれる」を読み始める。

【書評ランキングに参加中】
おすすめの本のレビューがたくさん集まっています。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

プロフィール

オクー

Author:オクー
コピーライターであるようだ。
吉祥寺にいるようだ。
そんなに若くはないようだ。
犬ブログもよろしく!

okuuuをフォローしましょう
更新情報はツイッター
フェイスブックで。
Akihiko Okumura

amazon
電子書籍で探す!
映画・ドラマなら
News
最新記事
お気に入りリンク
ブログランキング
blogram投票ボタン
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ村
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。