■な行の作家 no.73        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】中島京子「長いお別れ」

◇これは夫婦の絆、そして家族の絆の物語だ。
長いお別れ長いお別れ
中島 京子

文藝春秋 2015-05-27
売り上げランキング : 29272

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 読む前は認知症の父親とその家族の話という知識しかなかった。「小
さいおうち」で直木賞をとった中島京子の小説なので期待感はもちろん
あったが、このタイトルで認知症となるとやはり重い話なのかな、と思
っていた。しかし、この思い込みはいい意味で裏切られることになる。
「長いお別れ」は不思議な軽みとそこはかとないユーモアが漂う小説だ
った。これは作家自身の資質なのだろうか。いずれにしても、このライ
ト感覚がとてもいい。

 主人公の昇平には妻の曜子と3人の娘がいる。昇平は中学の校長など
を勤めた男だが、約束の場所にたどり着けなかったことから家族が心配
し、受診の結果、初期のアルツハイマー型認知症という診断を受ける。
この物語は発症して10年間の出来事が描かれているのだが、中島京子は
家族の介護生活を描くだけではなく、長女の息子の失恋話、妻曜子の目
の病の話などのエピソードも描いていて、それがゆるやかに昇平の話へ
とつながっていく。この構成が見事だ。

 最終章。夫に対する曜子の言葉が強く心を打つ。「(昇平は)妻、と
いう言葉も、家族、という言葉も忘れてしまった」「それでも夫は妻が
いないと不安そうに探す。不愉快なことがあれば、目で訴えてくる。何
が変わってしまったというのだろう」。これは認知症の物語であると同
時に、夫婦の絆、そして、家族の絆の物語である。忘れてしまう病によ
って、すべてが失われてしまうのか?

 何があっても動じないたくましささえ感じられる妻曜子のキャラクタ
ーがいい。娘たちの個性もキチンと描かれている。タイトル、認知症の
ことを英語で「ロング・グッドバイ」とも言うらしい。少しずつ記憶を
失くしてゆっくりと遠ざかっていくから。そうか…なるほどなぁ。
(No.349)

◯中島京子の他の本の書評はこちらから。
※一番上にはこのページが出ます。 

            ◯ ◯

2016.2.1 2月だ、2月だ、寒い寒い。暖冬、どっかにいっちゃった
なぁ。サッカーU23、見事でした。読書は角田光代「坂の途中の家」。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【書評】西川美和「永い言い訳」

◇しょうもない小説家が妻の死を通して気づく人生の痛恨!
永い言い訳永い言い訳
西川 美和

文藝春秋 2015-02-25
売り上げランキング : 23688

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 映画監督でもある西川美和、小説家としての成長を感じさせる見事な
一編だ。主人公は「衣笠幸夫」だという。のっけからカウンターパンチ
だ。その名前の話から始まるこの物語はしばらくはどこに向かって進む
のか行方がわからない。読み進めると、なんと幸夫の妻夏子がバスの事
故で死んでしまう。小説家・津村啓でもある幸夫は身勝手極まりない男
で、しかも夏子との間は完全に冷め切っていた。それでも「妻を亡くし
た悲劇の小説家」を演じたりもするのだが…。

 大きな転換点が訪れる。夏子の友人で共に事故死したゆきの家族、大
宮陽一と真平・灯兄妹との出会いだ。忙しいトラック運転手の陽一に代
わって兄妹と接しているうちに幸夫の心に今までとは違う感情が芽生え
てくる。彼には夏子を亡くした喪失感などない。だって、愛してなかっ
たんだもん。でも、幸夫は物語の終盤で「愛するべき日々に愛すること
を怠ったことの、代償は小さくはない」ことに気がつく。夏子としっか
りと向き合わなかったこと、自分のことだけしか考えて生きてこなかっ
たことへの痛恨!悔恨!彼は最後に「人生は他者だ」と気づき、初めて
夏子の死を悲しむのだ。

 西川美和は一人称、三人称と語り口を変え、さらに語る人を代えなが
ら、このしょうもない小説家の変化を立体的に描いていく。映画がよく
て小説も素晴らしくて、困っちゃうなぁ西川美和!あ、で、これ、彼女
自身が映画化するらしい。観たいぞ、観たいぞ、早く観たいぞ。
(No.343)

◯西川美和の他の作品の書評はこちらです。
※一番上にはこのページがでます。 
◯映画「永い言い訳」のサイトはこちら。とい ってもこれはまだ情報がなにもないのでこちらを。
            ◯ ◯

2015.11.17 またまたリライトの仕事が舞い込むが科学分野でなかな
か難しい。ちょっとプレッシャー。読書は長野まゆみ「冥途あり」。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【書評】額賀澪「屋上のウインドノーツ」

◇互いの存在が、そして音楽が育てる夢を見る力!
屋上のウインドノーツ屋上のウインドノーツ
額賀 澪

文藝春秋 2015-06-26
売り上げランキング : 86937

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 今年、本作で松本清張賞、「ヒトリコ」で小学館文庫小説賞をW受賞
して話題になった額賀澪。この2冊が実質的なデビュー作なのだからな
んだかスゴい。実際読んでみると、本当に達者な書き手だということが
よくわかる。僕はデビュー当時の宮部みゆきを思い出しました。あ、松
本清張賞って推理小説の賞かと思ったら、最初は「推理小説または歴史・
時代小説」というしばりがあったのだけど、今は「長篇エンターテイメ
ント作品」と間口を広げてる。なるほど。

 「屋上のウインドノーツ」の主人公は、中学時代、クラスメイトとう
まくなじめず、ただ一人の友だちに頼って生きてきた少女・志音。急死
した父がやっていたドラムに興味を持った彼女が、高校入学後、吹奏楽
部に入ることになる。部長の大志が志音がエアドラムをやってるところ
を見つけ誘ってくれたのだ。

 物語はかたくなだった志音がしだいに変わっていく様子と中学時代の
部活でのトラウマを引きずる大志の話が交互に描かれる。互いの存在が、
そして音楽が、挫折や逆境を乗り越える力になり、夢見る思いを育てて
いく。彼らにとっての夢とは東日本大会という大きな大会に出ることだ。
額賀澪は、吹奏楽部の部員たちや家族など周りの人間もしっかり描く。
そのことで、2人の心の変化がより鮮やかに見えてくる。うまいなぁ。
新人だけに荒削りのところももちろんある。高3で受験のことはいいの
かよ、と思ったり。でも、この小説なかなかいいぞ。(No.336)

◯特設サイトがありましたこちら

            ◯ ◯

2015.9.1 9月になっちゃった。これからまた一仕事。錦織負けちゃ
ったんだなぁ。ううむ。読書はカズオ・イシグロ「忘れられた巨人」。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

心への届き具合がなんだか良い「小野寺の弟・小野寺の姉」。

小野寺の弟・小野寺の姉 (リンダブックス)小野寺の弟・小野寺の姉 (リンダブックス)
西田征史

泰文堂 2012-02-18
売り上げランキング : 4735

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 作者の西田征史は映画「怪物くん」や「妖怪人間ベム」などの脚本家
だそうだ。昨年出版されたこの作品が初めてのオリジナル小説である。

 「小野寺の弟・小野寺の姉」は小野寺より子と進という姉弟のなんと
も当たり前でとってもフツーな日常を描いた物語だ。何かを決める時に
は必ずオセロで勝負を決める2人。休日なのに今日も朝からオセロであ
る。まぁ、若い2人ならそれもカワイイのだがこの姉妹、姉は40代に
突入したばかりで弟は30代の半ば。もちろん結婚などしていない。眼
鏡店に勤める姉には気になる人もいるし、調香師の弟には以前「私とお
姉さん、どっちが大事なの?」と迫った彼女もいたのだが。

 ま、世間的に見ればイケてない2人。それほど仲がいいわけではない
のだが、けっこうつるんで出かけるのがおかしい。スーパーでお一人様
1パックの卵を2パック買うためにチャリで急ぐ2人、福引きでペアチ
ケットが当たり、浅草花やしきにいそいそと出かける2人。「エピソー
ド」みたいな出来事が続いて、あぁ、こんな感じでこのまま終わっちゃ
うのかな、と思っているとちょっと感動的なラストになって驚いた。ふ
つうに生きている、ふつうの人の日常。でも、これは確かに、あなたで
あったり、あなたの隣の人だったりするのではないか。その心への届き
具合が良い感じだ。この人、おもしろいなぁ。どんどん小説書けばいい
よなぁ。(No.234)

◎「小野寺の弟・小野寺の姉」は2014年9月26日、幻冬舎文庫で文庫化されました。
小野寺の弟・小野寺の姉 (幻冬舎文庫)
西田 征史
4344422511


               ◯ ◯

2013.3.23 井の頭公園の桜も満開でした。でも、見頃はもう少し先か。
詳しくは犬のブログで。読書は窪美澄「アニバーサリー」!!!!

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。他の書評ブログもここから。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

あの戦争を身近に感じる「その日東京駅五時二十五分発」。

その日東京駅五時二十五分発その日東京駅五時二十五分発
西川 美和

新潮社 2012-07-31
売り上げランキング : 2859

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「夢売るふたり」の公開が迫っている西川美和監督の最新小説。タイ
トルだけでは内容がわかりにくいが、先の戦争の物語だ。1945年8月
15日、東京発のこの列車に乗り主人公の吉井は友人と共に西に向かう。
終戦のこの日、彼は故郷である広島に帰るのだ。吉井にとっての「戦争」
は一風変わったものだった。戦争末期に召集された彼は、陸軍情報の根
幹を握る東京の通信隊本部に配属される。そこで広島に「しんがたばく
だん」が使われたことを知り、どこよりも早く敗戦を察知。なんと通信
隊は玉音放送の前にさっさと解散してしまうのだ。

 実はこれ、まったくのフィクションではない、広島出身である著者の
伯父の体験が元になっている。吉井のこんなつぶやき、「ぼくは国家と
か民族とか、そんなものにほぼ何の関心も無い。ただ、怖い目にあわず
に、小さな安全を確保された場所で、ひっそりと自分の生活を守ってい
られればそれでいい」。戦争らしくない戦争体験と弱っちい通信兵であ
る主人公。だからこそ、これを読む僕らは彼がいる場所と地続きのとこ
ろにいる自分を感じる。彼の中に人間を感じ、戦争というもの、そこに
いた人々を身近に感じることができるのだ。

 広島に到着した吉井が見た故郷。その感慨が胸に迫る。同時に広島弁
で交わされるある姉妹との会話に人間のたくましさを感じる。あとがき
で、著者はこの小説は3.11と前後して書き進められたものだと語り、震
災を経験しなければ「全く別のものに仕上がっていた」と書いている。
伯父とのいきさつも綴られたこのあとがきも含めてこれは一つの物語で
ある。(No.211)
               ◯ ◯

2012.9.6 まだまだ暑いのに雨が降って、窓を閉め切っておかなくちゃ
ならないなんて、何ということでしょう。こんな時、ノーエアコンはつ
らい。読書は宮部みゆき「ソロモンの偽証 第一部」に突入。ドキドキ。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。他の書評ブログもここから。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

中島らもの娘中島さなえの「いちにち8ミリの。」はどうだ?

設定がユニークな3つの短篇、文章にも破綻はないが…。

いちにち8ミリの。いちにち8ミリの。
中島 さなえ

双葉社 2010-08-10
売り上げランキング : 57761
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 中島らもは好きな作家だったので、その娘のデビュー作となれば読ま
ないわけにはいかない。どういう意味だかよくわからないがタイトルも
なかなかいいし。

 この本には3つの短篇が収められている。最初は、木の上にずっと昔
から住みついているゴリづらと呼ばれる男の子と少女の話「ゴリづらの
木」、忍者の末裔である荒巻小太郎が抜け忍の末裔の男を探し出し殺そ
うとする「手裏剣ゴーラウンド」、そして、表題作になっているちょっ
と長めの「いちにち8ミリの。」。これは簡単に言ってしまえば石と猿
の話。美澄という女性の飼い猿である壮太、その美澄に想いを寄せ、毎
日8ミリだけ彼女の家が見える場所まではいずっている石、そんな彼ら
を待ち受けているのは?

 この短編集、読んでいて、途中でちょっと困った。ここに感想を書く
のだけど、はてさて、どうしたものか?けなす要素はそれほどないが、
ほめるとなるとちょっと難しい。どれも設定がユニークだし、文章にも
それほど破綻はない。表題作などは、ラストに向かっての盛り上がりは
なかなかのもので一番おもしろく読めた。ただ、会話でテーマみたいな
ものをしゃべってしまうとなんだかとてもつまらなくなる。ま、デビュ
ー作だし、という思いと、デビュー作だからこそ、という思いが交錯す
る。中島さなえ、期待できる新人であることには違いない。2作目、3
作目を期待して待ちたい。(No.99)

               ◯ ◯

2010.10.12 今頃になって「考える人」夏号の村上春樹ロングインタ
ビューを読んでいるのだけど、これがすこぶるおもしろい。今まで読ん
だ中でも一番読み応えがある。インタビュー集「夢を見るために毎朝~」
はどうなのだろう?

◎応援クリックよろしくお願いします。他の本の情報もここからどうぞ!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

中島京子、技ありの一冊!直木賞受賞「小さいおうち」。

女中と奥様の交流の中で描かれる戦前戦中の暮らしと意識。

小さいおうち小さいおうち
中島 京子

文藝春秋 2010-05
売り上げランキング : 323
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 直木賞を受賞した中島京子の「小さいおうち」、これは戦前戦中の一
般家庭に女中として入ったタキという女性とその家の奥様、時子との交
流を描いた物語だ。一章から七章まではタキの語りと彼女が残した「心
覚えの記」を中心に書かれている。資料を徹底して読み込み、当時の普
通の人々の日常とその意識を作品に昇華させた作者の力量は相当なもの
だ。名手北村薫の一連の作品に通じるものがある。我々は単純に戦争が
始まればおだやかな暮らしなどあり得ない、と思っているが、そうでは
ないことがこの物語を読めばよく分かる。特に、奥様とタキを中心にし
た一家の暮らしぶりを知れば、誰もが納得してしまうだろう。とはいえ、
グラデーションのようにいつの間にか、追いつめられた「銃後の暮らし」
がやってくる。明から暗へ、静かな変化の描写もまた見事だ。

 そして、最終章。語り手はタキから違う人物へと変わる。そこで明ら
かになる様々なことがら。この最終章の意味は大きい。これがタキの語
りで最後まで続いたならば高い評価は受けても直木賞は取れなかっただ
ろう。この一章で語られる3人の人物のその後、さらには、ある「想定」
が、物語に奥行きを生み出し、見事なラストへとつながっていく。中島
京子、技あり!の一冊だ。(No.90)

◯「小さいおうち」は2012年12月2日、文春文庫で文庫化されました
小さいおうち (文春文庫)
中島 京子
4167849011

               ◯ ◯

2010.9.20 さてさて3連休も終りですね。あ、木曜日、また休みか。
5月から続いた朝日新聞のアンケート、今日やっと最終回が終ってホッ
と一息。けっこう大変だった。

◎応援クリックぜひ1つお願いします。他の書評へもここからどうぞ!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

映画からこぼれ落ちた物語、西川美和「きのうの神さま」。

映画とは無関係、しかし、おもしろさは抜群!

きのうの神さまきのうの神さま

ポプラ社 2009-04-16
売り上げランキング : 23634
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「きのうの神さま」というこの短編集、一編を除けば映画と同じく
医療に携わる人々の物語だ。「ディア・ドクター」という話もあるの
でまぎらわしいが、映画とは基本的には関係がない。作者が最後に書
いているように、これは映画の取材でこぼれ落ちた「様々なエピソー
ドや人々の生き方を」小説として蘇らせたものなのだ。映画の原作的
な物語も読みたい気はするが、これはこれでスゴくおもしろい。

 西川映画のファンならば5つの短編のうち最後の「満月の代弁者」
に強く惹かれるだろう。彼女の映画の魅力は、なんといっても虚実が
ない交ぜになったストーリーだ。虚が実であり、実が虚であり、結局、
あいまいなまま…そのスレスレの感じがたまらない。さて、「満月の
代弁者」。古い港町から都会に戻る若い医者がお別れに患者の家をま
わっている。そのうちの一軒、そこには92歳の患者と彼女の面倒を見
る30代後半の孫娘がいる。その家で医者は孫娘にちょっとしたウソを
つく。「早く逝きたいよ~」とうそぶく92歳、女盛りで仕事もできる
アラフォーの孫娘。医者が彼女にささやいたのは…。いやぁ~楽しい。
2人のアブナいやり取りがたまらない!ラストも素晴らしくまさに西
川ワールドだ。セリフのうまさもさすがで、西川美和の才能を再確認
できる短編集といえる。

ランキングに参加してます。押してくれると本人激しく喜びます!!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

プロフィール

オクー

Author:オクー
コピーライターであるようだ。
吉祥寺にいるようだ。
そんなに若くはないようだ。
犬ブログもよろしく!

okuuuをフォローしましょう
更新情報はツイッター
フェイスブックで。
Akihiko Okumura

amazon
電子書籍で探す!
映画・ドラマなら
News
最新記事
お気に入りリンク
ブログランキング
blogram投票ボタン
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ村
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。