◯コミック no.81        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】谷口ジロー「千年の翼、百年の夢 豪華版」

◇ルーヴルの歴史を知り、魅力に迫る、時空間を超えた物語。
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
谷口 ジロー

小学館 2015-02-18
売り上げランキング : 250566

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ルーヴル美術館がその魅力を世界に発信するために漫画家たちの作品
を出版するという「ルーヴルBDプロジェクト」の中の一冊。それにして
もこれは素晴らしい。通常版とオールカラーの豪華版があるけれど、豪
華版がおすすめ。大判だし、谷口ジローの絵の魅力がグイグイと伝わっ
てくる。高いけど…。う〜む、高いけど絶対にこっちだっ!

 物語の主人公は作者の化身ともいえる漫画家の男。国際マンガフェス
ティバルの帰りに美術館巡りのためにパリに立ち寄った彼は、着いた途
端に体調を崩してしまう。なんとか持ち直して、翌日ルーヴルに出かけ
るのだが、またフラフラしてきて…。ここから夢のようなうつつのよう
な不思議な物語が幕を開ける。その先導役になるのが美しい女性に変身
したあの「サモトラケのニケ」。これだけでとても盛り上がる。

 男はルーヴルを訪れるたびに時空間をさまようことになる。そこでは
風景画家コローの素描画の森に迷い込んだり、コローを敬愛する明治の
画家浅井忠に出会ったり。ゴッホ最期の地オーヴェルに出向けば、そこ
でもまたゴッホ自身が写生をしていたり。特に、ニケが語るナチス侵攻
からルーヴルの絵画を守った男の話には強く心を揺さぶられる。

 これはまさにルーヴルの歴史を知り、その魅力に迫り、同時にアート
というものの素晴らしさを再確認できる物語だ。谷口の絵の巧さは言う
までもないが、コローの絵などを見事な筆致で再現してみせるそのテク
ニックには驚いた。必読!(No.357)

通常版はこちら。
千年の翼、百年の夢 (ビッグコミックススペシャル)
谷口 ジロー
4091868541

◯谷口ジローのその他の本のレビューはこちらから。
※一番上にはこのページが出ます。 

            ◯ ◯

2016.5.2 5月になっちゃった。っていうか黄金週間ですが。まぁ、
あまり関係なし。読書は吉田修一の「橋を渡る」。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【書評】久住昌之×谷口ジロー「孤独のグルメ2」

◇一人飯の微妙な楽しさがたまらない!
孤独のグルメ2孤独のグルメ2
久住 昌之 谷口 ジロー

扶桑社 2015-09-27
売り上げランキング : 261

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 18年ぶりの2である。全13作すべて新作!不思議なのはドラマにも
なっていてネタもたくさんあって、累計80万部の人気作なのになぜ続編
までこんなにかかったのか??谷口さんが忙しかったのかなぁ。謎…。

 で、もう最初の静岡青葉横丁の汁おでんから心を奪われる。そうかぁ、
汁おでんってこういうのかぁ。なんだかうまそう。さらに、ドンドンと
読み進めていくうちに「孤独のグルメ」のおもしろさを再確認していく。
一人飯の微妙な楽しさがいい。主人公井之頭五郎氏の大食ぶりがいい。
食いながらのつぶやきに味があるのがいい。

 で、五郎氏、一冊目でも喧嘩したのだが、またまたやっちゃう。部下
に酒を無理強いしてる上司に「やめなさいよ」と一声。「人生には…大
嫌いなものを黙って食べなきゃならない時もある」「だけど食うのは自
分で決めること 他人にその自由を奪う権利はない」とタンカをきる。
この後、追いかけてきたこの上司を投げ飛ばしちゃうのだ。ははははっ、
パチパチパチ。この一編は三鷹のお茶漬け屋が舞台で小津安二郎の「お
茶漬けの味」がからんでいるのだが、映画のセリフ「気安いのが好きな
んだ」、は、まさに孤独のグルメのテーマではないか。ドラマもいいけ
ど、やっぱコミックがいいな。鳥取のスラーメン、食べたいなぁ。
                           (No.345)

◯谷口ジローの他のコミックの感想はこちらから。
※一番上にはこのページがでます。 

            ◯ ◯

2015.12.2 師走です。中途半端な仕事が多くて落ち着かない気分。読
書は小川洋子「琥珀のまたたき」。今年中に読みたい本がたくさんある。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【書評】今日マチ子「cocoon」

◇全編を通じて感じる胸がぎゅっと締めつけられるような気分。
cocoon(秋田文庫74-1)cocoon(秋田文庫74-1)
今日マチ子

秋田書店 2015-04-17
売り上げランキング : 116004

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 先日、「いちご戦争」で日本漫画家協会賞・カーツーン部門大賞を受
賞した今日マチ子。「cocoon」は「アノネ、」「ぱらいそ」(6月発
売)と続く「少女と戦争」シリーズ3部作の最初の一冊だ。気になって
はいたが読めないままだったのだが、ちょうど文庫になったので手に取
った。

 2010年に描かれたのだから、この時、彼女は20代である。20代の女
性が戦争をテーマにしたこんな漫画を描くのには大きな勇気が必要だっ
ただろう。それだけでもスゴい。

 「cocoon」は、戦場になっているある島が舞台。島一番の女学校に
通うサンたち生徒は、戦況が厳しくなったために看護隊として戦地に赴
く。鬼畜米英!などと叫んでいた元気少女だったサンだが、悲惨な状況
を目の当たりにするにしたがって元気を失い、東京から島に戻ってきた
親友マユの存在だけが心の支えだ。しかし、兵隊さんたちも次々に死ん
でいき、友だちも生命を落とす。そして、ついに解散命令が出て…。

 全編を通じて、胸がぎゅっと締めつけられ、お腹がグッと縮こまるよ
うな感覚を覚える。今日マチ子の絵は線が細くやわらかいのだが、彼女
が描く物語には力強い主張がある。「コクーン」とは、戦争のあるこん
な世界には出てこないで、空想の繭に守られて生きていたいと願う少女
たちの願望。そのイメージの広がりの中に、反戦を静かに訴えるこの物
語がある。(No.326)
            ◯ ◯

2015.5.23 いろいろあって、何だかなぁ、の気分。読書は小林信彦の
「女優で観るか、監督を追うか 本音で申せば」。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【書評】吉田秋生「海街diary」

◇こまやかに描かれる、4人姉妹それぞれの日常。
海街diary コミック 1-6巻セット (フラワーコミックス)海街diary コミック 1-6巻セット (フラワーコミックス)
吉田 秋生

小学館 2014-07-10
売り上げランキング : 9025

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 2013年のマンガ大賞を受賞した時に、読みたいなぁ、と思ったのだ
が、そのままになっていた吉田秋生の「海街diary」。今年の夏、是枝
裕和が映画化することを知り、たまらずに読み始めた。すでに6巻まで
出てるのだが、3巻目まで読み終えたところだ。

 鎌倉に住む3人姉妹。長女の幸、次女・佳乃、三女・千佳。物語は父
の死から始まる。といってもこの父親は姉妹が子供の頃に母と離婚し、
すでに家を出ている。その葬儀で3人は義理の妹であるすずと出会う。
彼女の境遇を知った幸は「一緒に暮らそう」と彼女を鎌倉に誘う。異母
妹を四女に迎えた香田家の新たな暮らしが始まった。

 この物語が優れているのは、すずを中心にした青春の物語と3姉妹た
ちの大人の物語がうまく調和し、まさに「人間」を描いた物語になって
いるところだ。ジュニアサッカーのクラブで男たちに混じって活躍する
すず。不倫に悩む幸、男運の悪い佳乃、脳天気に見える千佳。さすがベ
テラン!吉田秋生は、一人ひとりの日常やその人間関係をこまやかに描
きながら、生きることを意味を読む者に問いかける。

 泣いて笑って怒って、落ち込んで立ち直って、またショックを受けて。
そんな日々の中に生きる喜びがある。背景には鎌倉の海と緑があり、4
人を優しく包みこんでくれている。これからどんな展開が待ち構えてい
るのか。さてさて、続きが楽しみだ。(No.319)

◯映画「海街diary」のサイト。映画も良さそうだなぁ。

            ◯ ◯

2015.3.6 気温差の大きい日々が続いてなんだか気分的に落ち着かな
い。花粉症もあるし。読書は上橋菜穂子「鹿の王」上巻が終わった。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【書評】高野文子「ドミトリーともきんす」

◇高野文子が教えてくれる!化学や物理も人間っぽい。
ドミトリーともきんすドミトリーともきんす
高野 文子

中央公論新社 2014-09-24
売り上げランキング : 198

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 高野文子は大好きである。でもこれは僕には合わないんじゃないか、
と思っていた。科学とか物理とかいわゆる理科系にはまったく関心がな
い。科学の本の案内書的な内容は絶対に苦手っぽい。でも、高野文子だ
ぜ。高野文子がただの高野文子であるわけがないじゃないか。

 というわけで、買って読み始めたら、やっぱりこれは高野ワールド!
おもしろい。この本を読みながら一番感じたのは、あの難しいなんだか
わからん科学や物理のその法則は人間が見い出した、という当たり前と
いえばアタリマエのこと。そのことに僕は「おぉ」と思い、ちょっと安
堵したりしてるのだ。

 特におもしろかったのは湯川秀樹だ。詩と科学、という一文。子ども
たちのために、という副題が付いているこの文章がなんともいい。「詩
と科学とは同じ場所から出発したばかりではなく、行きつく先も同じな
のではなかろうか」「そればかりではない。二つの道はときどき思いが
けなく交差することさえあるのである」という言葉に強く心を揺さぶら
れた。彼らはまさに「実験室の片隅で自然の中に隠された”詩”を見つけ
た人々」なんだなぁ。彼らの世界を描くために製図ペンを使った高野文
子の絵が絶妙。文系の人も理系の人もぜひぜひ一読を。(No.313)

◯高野文子のその他のコミックのレビューはこちらから。
 ※一番上にはこのページがでます。 

            ◯ ◯

2015.1.6 あけましておめでとうございます。このブログ、今年もどう
ぞよろしく。おもしろい本をどんどこ紹介していきますよっ。読書は宮
部みゆき「荒神」。なかなか本を読む時間が取れない。あ、前の項で昨
年のベスト本を紹介してるので、まだの人は見てみてくださいね。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【書評】大島弓子「キャットニップ」

◇あの「グーグーだって猫である」が帰ってきたっ!!
キャットニップキャットニップ
大島 弓子

小学館 2014-10-01
売り上げランキング : 1204

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 映画にもドラマにもなった「グーグーだって猫である」は愛猫グーグ
ーの死で終った。続編はないんだろうな、と思っていたらなぁ〜んと、
「キャットニップ」のタイトルで戻ってきた。本当にうれしい。「グー
グー」と何か変わったのか、と問われれば、何も変わっていない。相変
わらずのエッセイコミック!相変わらずの猫たちとの狂乱の日々である。

 最初に「うちには12匹の猫がいます」と書かれていて仰天する。さ
らに大島さんチの周りにはノラ猫がたくさんいる。彼女はその世話もし
っかりとしちゃうのだ。ノラに食事を与える。その代わりに、時々彼ら
を捕獲して自費で避妊手術を受けさせる。このことだけでもスゴいなぁ、
とうなってしまう。大島弓子、本当に猫好きなんだなぁ。

 「グーグー」と同様に、この本の中でも何匹も猫が死に、病気になり、
さらに何匹ものノラと仲良くなる。大島さんがおかしいのは、これだけ
家猫がいるのにそのノラたちに「うちの猫になりな」と声をかけてしま
うところだ。なんだかすごい。「キャットニップ」を読んでると何度も
泣きそうになる。そして、わが家の犬がさらにさらに愛おしくなった。
「1」なんだから続きもあるんだな。うれしいぞ。(No.307)

            ◯ ◯

2014.11.17 さて、今週が正念場。やるっきゃない。読書はジュンパ・
ラヒリ「低地」。この人は本当にうまいなぁ。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【書評】高野文子「しきぶとんさん かけぶとんさん まくらさん」

◇絵本でも高野文子は高野文子である。
しきぶとんさん かけぶとんさん まくらさん (幼児絵本シリーズ)しきぶとんさん かけぶとんさん まくらさん (幼児絵本シリーズ)
高野 文子

福音館書店 2014-02-05
売り上げランキング : 30591

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「絶対安全剃刀」「るきさん」「黄色い本」など、高野文子は寡作の漫
画家だが、そのすべてが傑作で僕も大好きだ。そしてこれは福音館の「幼
児絵本シリーズ」の一冊として発売された彼女の絵本。いやいやいや、ま
いったなぁ。絵本でも高野文子は高野文子だなぁ。よくもまぁ、こういう
表現が!

 冒頭で主人公の男の子はしきぶとんさんたちに語りかける。「あさまで
よろしくお願いします あれこれ いろいろ たのみます」。そして個別
?のお願いが始まる。しきぶとんさんへは「どうぞ わたしの おしっこ
が よなかに でたがりませんように」。ふふふ。すると「まかせろ ま
かせろ おれに まかせろ」と心強い答えが返ってくる。男の子は、さら
に、かけぶとんさんやまくらさんにも違うお願いをするのだ。

 大体、ふとんを3つに分けちゃうという発想からして驚き。これ、思い
つきそうでつかない。そして、男の子のキャラクター、というか造形!ふ
とんもまくらもなんだかすごいことになっている。シンプルだけとチープ
じゃない色と形のアンサンブル!その見せ方もまた高野文子らしい。リズ
ミカルな文章もいい。大人が見てももちろんおもしろいけれど、子供たち
も大好きになることうけ合い。いろいろ楽しめるから、おやすみ絵本には
持ってこいだと思うぞ。(No.280)

◯高野文子のその他の本のレビューはこちらから。 

            ◯ ◯

2014.4.7 桜もだいぶ散ってきましたね。今年はいろいろあり過ぎてゆ
っくり楽しめなかった。読書はサリンジャー「フラニーとズーイ」。春樹
訳。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

見事な全単行本解説!「岡崎京子の仕事集」。

岡崎京子の仕事集岡崎京子の仕事集
岡崎 京子 増渕 俊之

文藝春秋 2012-07-08
売り上げランキング : 176518

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 書店で見た時、意外と薄いので勝手に期待はずれかな、と思ったのだ
がとんでもなかった。これは岡崎京子という希代の漫画家の仕事を見事
にまとめたファン必読の書だ。いや、ファンでなくても、たとえば映画
「ヘルタースケルター」を観た女の子がこれを一読して彼女のコミック
をもっともっと読みたくなる、という感じの本。岡崎京子入門としても
最適な一冊だ。 

 スゴくてうれしいのが全体の半分を占める全単行本解説。この解説を
読めば、編者である増渕氏が岡崎さんのコミックをどれだけ愛し、大切
に思っているかがよく分かる。各々を評論する目も確かだ。全33作を1
冊ずつ見開きで紹介しているのだが、初版だけでなく新装版や愛蔵版、
海外版の表紙までキチンと収録されている。僕はある時期、岡崎京子の
コミックをドドドドドっと読みまくり、すっかり彼女にイカレちゃった
のだけど、まだ読んでないのがあったんだよなぁ。ううむ。

 他にもエッセイや評論、対談など言葉関連、デビュー前の習作など見
逃せないものばかりだ。カバー装画は岡崎さんが迷いながら自ら選んだ、
とある。編者の前書きを読むと、彼女はまたこの世界に戻って来る、そ
んな気がする。願望ではなく、きっときっとそうなる。(No.214)

◎岡崎京子のその他の書評はこちらから。

               ◯ ◯

2012.9.28 なんだか肌寒い。特に朝晩は。大型台風も急カーブしてこ
ちらに来そうだし。読書は上林暁「故郷の本箱」。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。他の書評ブログもここから。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

ムショ帰りの若者が昭和の名人の弟子に!?「昭和元禄 落語心中」。






昭和元禄落語心中(1) (KCx ITAN)
雲田 はるこ
406380514X
昭和元禄落語心中(2)
雲田 はるこ
4063805549

 このブログでは尾瀬あきらの「どうらく息子」を紹介したが、またま
たおもしろい落語コミックに出会った。現在2巻目まで出ている雲田は
るこの「昭和元禄 落語心中」だ。

 昭和最後の大名人といわれる八代目の有楽亭八雲。彼の元にムショ帰
りの若者が弟子入り志願でやって来る。けっして弟子など取らなかった
八雲なのだが何ともあっさりとこの若者を受け入れる。誰が呼んだか、
その名は与太郎。ドラマならば香取慎吾あたりが演じたらおもしろそう
なドジだが落語に対する情熱だけはスゴい男だ。八雲の家には、同門の
親友で若くして亡くなった希代の天才有楽亭助六の遺児小夏もいる。彼
女は、父親が死んだのは八雲のせいだと思っており…。1巻目はプロロ
ーグ的に八雲と与太郎、八雲と小夏の関係が語られる。弟子になったも
のの与太郎は噺のひとつも教えてもらえず、なぜか小夏に稽古をつけて
もらったりしてるのだ。

 2巻目の最初、早速、破門されそうになる与太郎。八雲はそんな彼に
「破門しねぇ代わりに なァ与太郎?」「アタシ達ゃあ みつつ 約束
しなけりゃならないよ」と言い放つ。与太郎も仰天するその約束とは?
そして、師匠が語り始める、盟友助六との青春の物語。助六の死が最後
にあるだけに、2人の入門にまで遡ったこの青春譚、どう展開していく
のか非常に楽しみだ。

 それにしても、雲田はるこ!キャラがしっかり立っているし、ストー
リーテラーとしての力がある。文句なく落語好きであることもうれしい。
しかし、3巻の発売は今秋とか。あぁ、とてもじゃないが待ちきれない!
(No.199)  
             ◯ ◯

2012.5.18 金環食グラス、買っちゃったぁ。だから、晴れてください
ね。読書は窪美澄ほかの「あのころの、」

【書評ランキングに参加中】
おすすめの本のレビューがたくさん集まっています。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

この先には深い深い森がある。岡崎京子未完作品集「森」。

岡崎京子未刊作品集 森 (フィールコミックス) (Feelコミックス)岡崎京子未刊作品集 森 (フィールコミックス) (Feelコミックス)
岡崎 京子

祥伝社 2011-09-14
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 久々に岡崎京子のコミックを読んだ。事故の前に書かれた第1話だけ
が収められた未完作「森」。そして、単行本化されなかった7編と様々
なカット。あ~~~~やっぱり彼女は彼女である。80年代や90年代に
描かれた作品でもまったく古びていない。前にも書いたが岡崎京子は時
代の空気やそこで生きる若者の気分を見事に描くけれど、それ以上に常
に「普遍的なこと」を描いている。だから、古びるなんてことはこれっ
ぽっちもないのだ。女の子の気持ちを描いた数々の作品は、男の僕以上
に女性にはたまらないだろう。そう、昨日も今日も明日も100万年の未
来でも、岡崎京子は女子に絶対的な支持を受けるに違いない。

 さて、「森」である。あの名作「ヘルタースケルター」の連載終了直
後から全3話の予定で始まった作品だ。あの事故で未完のままだからっ
て、これが名作になったかどうかなんてわからない。でも、1話だけで
も、この作品には強いインパクトを感じる。冒頭の主人公ヨコタのモノ
ローグ。「最近よく思うことは すべてはばらばらでありつつ 同時に
すべてがつながっているということ。そしてそのことにすこやかに対処
するのは むつかしいということだ」などなど様々な言葉が物語を紡い
でいく。そして、ラストの出会い。この先には深い深い「森」があるに
違いない。なぜか有元利夫の遺作である「出現」を思い出した。
(No.185)
               ◯ ◯

2011.12.23 ごぶさたですみません。母のことや珍しく仕事が立て込
んだりでバタバタしてます。読書は「007 白紙委任状」が終わり、さ
て次は何を読もうか。

【書評ランキングに参加中】
おすすめの本のレビューがたくさん集まっています。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

プロフィール

オクー

Author:オクー
コピーライターであるようだ。
吉祥寺にいるようだ。
そんなに若くはないようだ。
犬ブログもよろしく!

okuuuをフォローしましょう
更新情報はツイッター
フェイスブックで。
Akihiko Okumura

amazon
電子書籍で探す!
映画・ドラマなら
News
最新記事
お気に入りリンク
ブログランキング
blogram投票ボタン
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ村
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。