◯スポーツ no.83        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2番打者が野球の未来を変える。赤坂英一「2番打者論」。

2番打者論2番打者論
赤坂 英一

PHP研究所 2012-04-19
売り上げランキング : 37279

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 思っていた以上におもしろかった。これは野球ファン必読。普通に野
球好き、という人も読んでみたらいい。球場やテレビでの観戦がさらに
楽しくなるはずだ。

 構成が巧みだ。プロローグで登場するのはドラゴンズの2番打者であ
る井端弘和。2011年のクライマックスシリーズ、誰もがバントで送る
と思っていた場面でインコースを思いっきり引っ張り、ホームランにし
た男だ。それはシリーズの行方を決める決勝打になった。彼はこの時、
最初からあわよくばホームランを、と考えていたという。2番打者とい
うとどうしてもバントのイメージが強い。「2番打者論」という本をこ
んなエピソードで始められたら立ち読みなんて不可能。すぐにレジに持
っていくしかないだろう。

 この井端を筆頭にこの本ではバントの神様川相、選手ながら攻撃の采
配を振るっていたという新井宏昌、攻撃的2番バッター栗山巧、簑田や
小笠原を育てた名将上田利治。さらに、三原魔術が育てた強打の2番豊
田泰光、次代を担う田中浩康と本田雄一、メジャーの2番打者田口壮な
ど新旧の巧打者たちが登場する。彼らの話はすこぶるおもしろい。出塁
した1番打者をどう盗塁させるか、どう進塁させるか。そのために「深
いカウント」にするにはどうすればいいのか。「深いカウント」という
のは3ボール1ストライクとか3ボール2ストライクのこと。そこまで
持っていって狙った球を相手投手に投げさせる。2番打者には投手を迷
わせる演技力も必要なのだ。どうです、おもしろそうでしょう?

 バントの巧さは最低条件。今は様々なタイプの2番打者が生まれつつ
ある。これは2番打者の未来を語るとともに、野球の未来をも語るスポ
ーツノンフィクションの傑作だ。(No.207)

               ◯ ◯

2012.8.7 なでしこ、やったぁ!そして、今夜は男子。こうなったら
男女共決勝進出だな。すごい。あっ、卓球女子団体の決勝も見ますよ。
読書は小川洋子「最果てアーケード」が終わり、三木卓「K」へ。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。他の書評ブログもここから。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

監督と通訳を越えた信頼関係から生まれた傑作!「オシムの伝言」。

ジャーナリストの目で書かれた、監督オシムと人間オシム。

オシムの伝言オシムの伝言
千田 善

みすず書房 2009-12-23
売り上げランキング : 3288
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 191cmのオシムさんと小柄な千田通訳が笑顔で話している表紙の写
真がいい。この写真からだけでも監督と通訳以上の信頼関係がうかが
える。実は千田さん、プロの通訳ではない。セルビア・クロアチア語
を話せたからたまたまオシムさんの通訳になっただけで、実際は大学
の講師も務める国際ジャーナリスト。「ユーゴ紛争」なんて著書もあ
る。だから、この本はジャーナリストの目で書かれた監督オシム、人
間オシムのリポートなのだ。

 ここでは、オシムさんの監督就任から、病に倒れ、最終的に離日す
るまでの日々が語られる。もちろん通訳としての話もあるが一番の話
題はオシムさんその人だ。彼のサッカー人生、サッカー哲学、その人
柄などなど、いくつものエピソードをもとに語られるオシムという人
は僕らが感じている通り、卓越したサッカー理論を持ち、こまやかな
心配りと大きな心、そして、たぐいまれなるユーモア精神を持つイン
テリジェンスに富んだ人物である。千田さんのジャーナリストとして
の目がイビチャ・オシムという人間を的確に捉えている。後半3分の
1は初めて明かされる事も多い闘病の日々の記録だ。その時の家族、
妻のアシマさんや長男アマル氏の姿、覚醒してからのオシムさんの対
応が胸を打つ。すべてのサッカーファン、オシムファンにすすめたい
一冊だ。

公式サイトあり>>http://info.osimnodengon.com/
               ◯ ◯

2010.7.18 いやぁ、暑い。暑い梅雨が終ったら超暑い夏、いったい
どうなることやら。犬の散歩は夕方に1時間半弱。ジャックラッセル
テリアは運動量が多くてなかなか大変なのだ。あ、ブルータスの最新
号スタジオジブリ特集がなかなかいい。

◎応援クリックぜひ1つお願いします。他の書評へもここからどうぞ!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

イチローが語る、メジャー9年間と2度のWBC。

自らのバッティングについて語る言葉を持つイチローがスゴい!

イチロー・インタヴューズ (文春新書)イチロー・インタヴューズ (文春新書)

文藝春秋 2010-04
売り上げランキング : 2649
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 さて、もう1冊、イチロー本を。文春新書から出た「イチロー・イン
タヴューズ」。イチローへのインタヴューを元にスポーツジャーナリス
ト石田雄太が記事にし、それをまとめたものだから厳密に言うと「イン
タヴュー集」ではない。とはいえ、これは、イチローファンはもとより、
大リーグファン、野球ファンにとって宝物のような1冊だ。ほとんどが
雑誌「Number」に載ったもので、僕も掲載時に多くを読んでいるのだ
が、大リーグですでにレジェントになろうとしている選手がこれほどす
べてを明かせるものかと驚く。その思いは1冊を通して読むことでさら
に強まるのだ。村上春樹が今年インタヴュー集を出すようだが、価値と
しては十分それに匹敵するような気がするのだが、どうだろう?

 ここに収められているのはメジャー移籍が決まった直後の「第二章の
始まり」から王さんとの対談をまとめた今年4月の「超えた者だけ見え
る道」までの全30編。その間には2度のWBCがあり、大リーグの9年
間がある。取材者である石田との関係が良好なのかここでのイチローは
饒舌である。しゃべれる相手だからしゃべるのだ。石田雄太というジャ
ーナリストがイチローの側にいることに僕らは感謝しなくてはならない。

 「イチロー・インタヴューズ」ではまさに様々なことが語られるがそ
の中心となるのは打撃のことである、最高の打者が語ることでわかるの
は、バッティングの奥深さだ。深いだけではなく、迷路のように入り組
んでいる。昨日の好感触が今日になれば失われ、昨年つかんだかに思え
た奥義が今年は不振の原因になったりする。打つことには「理想」なん
てないんだな、たぶん。そして、そういうもろもろを徹底的に分析し、
きちんと言葉にすることができるイチローの能力!これもまたスゴい。
英訳して全米で売り出せ!メジャーファンが腰を抜かすに違いない。

応援クリックぜひ1つお願いします。他の書評も探せます!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

文春新書「イチロー・インタヴューズ」出たっ!!

イチロー・インタヴューズ (文春新書 749)イチロー・インタヴューズ (文春新書 749)

文藝春秋 2010-04
売り上げランキング : 3934

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 「ナンバー」などで活躍中のスポーツ・ジャーナリスト石田雄太。彼
のイチローインタヴュー集が文春新書から出た。これは買いです。イチ
ローのインタヴューは掛け値なしにおもしろいし、いろいろな意味で示
唆に富んでいる。野球だけではなく、人生において学ぶ点も多い。詳細
こちらで。
●感想をアップしました。こちらでどうぞ!

ランキングに参加してます。押してくれると本人激しく喜びます!!
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

プロフィール

オクー

Author:オクー
コピーライターであるようだ。
吉祥寺にいるようだ。
そんなに若くはないようだ。
犬ブログもよろしく!

okuuuをフォローしましょう
更新情報はツイッター
フェイスブックで。
Akihiko Okumura

amazon
電子書籍で探す!
映画・ドラマなら
News
最新記事
お気に入りリンク
ブログランキング
blogram投票ボタン
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ村
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。