日記というスタイルを借りた最新長編、小川洋子「原稿零枚日記」。        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記というスタイルを借りた最新長編、小川洋子「原稿零枚日記」。

原稿零枚日記原稿零枚日記
小川 洋子

集英社 2010-08-05
売り上げランキング : 7046
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 小川洋子の最新刊は、原稿を書くのがなかなか進まない小説家の日記
という形で書かれた長編小説だ。その女流小説家は、取材旅行の帰りに
苔料理の専門店に寄ったり、週刊誌の取材を受けているうちに祖母の右
肘に住んでいた2人の老女を思い出したり、運動会や子泣き相撲にまる
で関係者のようなふりをして入り込んだりする。有名な作家の名前が浮
かばず何とか思い出すために彼の小説を盗作したり、あらすじを書くの
が得意で「あらすじ教室」の講師まで頼まれている。

 これらすべては「現実」を足がかりにしながら、虚構の世界にそっと
足を踏み入れているような話だ。すべてが虚なのではない。実の中に虚
がある。その世界を楽しみながら、人間の不思議さやおもしろさ、奇妙
さを思い、僕らが生きているこの世界自体の不条理さをも感じることが
できるのだ。もちろんそれは「日記」というスタイルだからこそ表現す
ることができたものなのだろう。最後近くの現代アートの祭典をめぐる
ツアーの展開が秀逸。ラストが図鑑の話であっけなく終わるのもいい。
小川洋子らしい小説ではあるけれど、微妙なテイストの違いが後を引く
しばらくたって1日分を読み返してみるとまた新たな発見があるような
小説だ。一読の価値あり!(No.103)

               ◯ ◯

2010.10.25 昨日は調布の多摩川河川敷で行われた「もみじ市」に。
おいしいチーズケーキとパンを発見できて喜ぶ。それにしても、個人で
がんばっているアートやフードな人は多いなぁ。すごい。

◎応援クリックよろしくお願いします。他の本の情報もここからどうぞ!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オクー

Author:オクー
コピーライターであるようだ。
吉祥寺にいるようだ。
そんなに若くはないようだ。
犬ブログもよろしく!

okuuuをフォローしましょう
更新情報はツイッター
フェイスブックで。
Akihiko Okumura

amazon
電子書籍で探す!
映画・ドラマなら
News
最新記事
お気に入りリンク
ブログランキング
blogram投票ボタン
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ村
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。