スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】窪美澄「アカガミ」

◇現代の若者に対する危機感と国が家族のカタチを決める怖さ。


 舞台は2030年の日本。「異性の体を直に見たいとは思わない、触れ
てみようとは思わない」、そんな若者たちばかりになってしまったこの
国。彼らは性だけではなく生にさえ興味を失い、自殺者ばかりが増えて
いる。この設定に僕がリアルを感じるのは、「アカガミ」を読む前にテ
レビでまさに「そういう若者」を見てしまったからだ。現代とまさに地
続きだと思えるこの未来では、国が「アカガミ」というお見合いのよう
な制度を立ち上げて、状況を打開しようとしている。

 主人公のミツキは老人福祉施設に勤めているが、彼女もまた他者に興
味などなく、恋愛はもちろん、その感情すら理解することができない。
自殺をはかった彼女はログという女性に助けられ、彼女のすすめで「ア
カガミ」に志願する。教習所では映画やドラマなどを題材に恋愛やセッ
クス、結婚、家族というものを学び、選ばれた誰かと「番い(つがい)」
になるための準備をするのだ。

 相手に選ばれたのはサツキという男。彼らが家族になるまでのプロセ
スに心惹かれるのは普通ならばもう恥ずかしくて書かれないようなウブ
な恋や性への思いが描かれているところだ。その手探り感がなんだか愛
おしい。2人はやっと番いになり、ミツキは妊娠する。彼らは国家によ
って衣食住が保障され、子供ができたことでさらに特別な扱いを受ける
のだが…。

 デビュー作から生と性を描いてきた窪美澄は、この物語を通して現代
の若者に対する危機感、さらには、国が家族のカタチを決めつけてしま
う怖さを描いている。「アカガミ」というタイトルをつけたことで、ラ
ストはすでに暗示されていてそこには希望はないが、ミツキとサツキ、
2人の心の中に芽生えたものに僕はかすかな希望を感じた。(No.365)

◯窪美澄の他の本の書評はこちらです。
※一番上にはこのページが出ます。 

            ◯ ◯

2016.7.3 まだ梅雨なのに暑い!ムシ暑い!やめてくださいっっっ。
読書は宮部みゆき「希望荘」。暑いので進まない。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【BOOK NEWS】村上春樹初期三部作が電子書籍に。

 昨日の朝日新聞に講談社が1ページ広告を出していて、ちょっとビッ
クリしましたが、「風の歌を聴け」(1979)[1973年のピンボール」
(1980)そして、「羊をめぐる冒険」(1982)が昨日から電子書籍
になりました。Kindle他、いろいろなところで買えるみたい。

 僕は電子書籍は(今のところ)コミックしか読まないし、この3冊
は本で持ってるから買わないけれど、村上春樹の本は電子版で読むの
も悪くないかな、って気もします。彼の小説はエッセイは電子版にな
ってるけれど、小説はほとんどなってないのですね。あっ、僕はこの
3冊大好きですよ。ううむ、なんだかまた読みたくなってきたぞ。

◯村上春樹の他の本のレビューはこちらから。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【BOOK NEWS】宮部みゆき「模倣犯」がスペシャルドラマに!

 宮部さんの「模倣犯」が年内にテレビドラマに。これはちょっとビッ
クリ。2001年の作品で2002年に中居くんで映画になったけれど、なん
と14年ぶりの映像化です。この映画、森田芳光監督だったんだなぁ。な
ぜか観た記憶がない。観てないのか…。

 映画で木村佳乃が演じたルポライター役が中谷美紀で、その他の出演
者は今のところ未定。連続ドラマではなくテレビ東京系でのスペシャル
ドラマなので、どれくらいの時間になるのか。原作はもちろん読んでる
のだけど、微妙に忘れてるなぁ。でも、おもしろかったのは確か。累計
で420万部以上も売れてる大ベストセラー。どんな出来になるか、放映
日を待ちましょう。

※「模倣犯」新潮文庫版は全5巻。Kindleでは出ていないようです。

◯テレビ東京の「模倣犯」のページはこちら
◯宮部みゆきのその他の本のレビューはこちらから。
◯これまでの「BOOK NEWS」はこちらでまとめて。一番上にはこの
 ページが出ます。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

出る本、出た本、気になる新刊!!!

 さて、6月最終週。出た本、安西水丸「a day in the life」出てまし
た。雑誌「チルチンびと」に掲載されていたエッセイ集。これは気にな
るなぁ。

 出る本。「イラストレーター安西水丸」(6/30)も出ます。作品
集であると共に彼の足跡をたどる一冊。読みたい!本屋大賞と吉川英治
文学新人賞をダブル受賞した和田竜「村上海賊の娘」がいよいよ文庫化
(6/28)です。今月は1と2、来月3と4が出ます。前に1巻目を
紹介した関川夏央の「人間晩年図巻」の「1995-99年」(6/29)
も出ます。今回は渥美清、司馬遼太郎、ダイアナ妃、伊丹十三などなど。

 最後に直木賞作家白石一文が「小説の限界に挑んだ、私の作家人生を
賭けた作品」と語る「記憶の渚にて」(6/30)出ます。読みたいと
思いながら未読の白石さん。ま、そういう作者はたくさんいますが…こ
れはとても気になる一冊。

◯関川夏央の他の本の書評はこちらから。
◯和田竜の他の本の書評はこちら
◯これまでの「出る本、出た本」はこちらでまとめて。一番上にはこの
 ページが出ます。

               ◯ ◯

2016.6.27 今年は猛暑という予報もありますが…どうなのかなぁ。
去年ぐらいなら我慢できるけど。読書は窪美澄「アカガミ」。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【書評】盛田隆二「父よ、ロング・グッドバイ─男の介護日誌」

◇著者だからこそ書けた介護生活の「リアル」。


 「男の介護日誌」という副題の通り、著書の父が91歳で亡くなるま
での約10年間の介護生活を描いたノンフィクションだ。「リアリズム
の名手」と呼ばれる小説家がノンフィクション、しかも自らの体験を
書くのだから、この「リアル」は本当に心に迫る。盛田隆二だから書
けた一冊だと思う。

 実家に住む父と母、そして妹。少し離れたところに住む盛田夫妻。
冒頭で語られる母の病気と死。妹の病。父親は妻を亡くしたことで生
きる意欲を失い認知症がひどくなってしまう。それがすべての始まり。

 介護というのはただのルーティンではない。介護するべき人がいる、
ということで生活の全てが変わってしまう。そして、何事かが起これ
ばその大きな波にのまれて、まる1日、時には数日の暮らしを失い、
精神的なダメージを受け、「普通の暮らし」ができなくなる。父親の
言動に振り回される盛田氏の日々を読んでいると、このことを強く強
く感じる。

 タイミングの悪いことに、この時彼は小説家一本で生きていこうと
決意したばかりだった。大切な依頼原稿を断らなければならなくなっ
た辛さと焦り。様々なことが重なって、彼自身も心の均衡を失ってい
く。盛田氏は全編を通じて「介護っていったい何なんだ?」と自らに
問いかけているように思う。同時に読者にもその問いは向けられる。

 介護生活というものは、一家族一家族違う。だからこの本が今家族
を介護してるすべての人の参考になるわけではない。それでもこの実
話を通じて感じる強い共感は、大きな力になるのではないか。エピロ
ーグ。父が語る母との出会いの話。そして、ラストを飾る一葉の写真。
自然と涙がこぼれた。(No.364)

◯著者はこの介護経験を背景にした「二人静」という恋愛小説を書い
ています。これもまたおすすめです。

◯「二人静」を含む盛田隆二の本のレビューはこちらから。
※一番上にはこのページが出ます。 

            ◯ ◯

2016.6.24 さてさて参院選が始まった。ヘンな人がヘンはことをしな
いように最低限のことはしなければ。読書は窪美澄「アカガミ」。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

出る本、出た本、気になる新刊!!!

 出た本。宮部みゆき「希望荘」出ました。「ペテロの葬列」などドラ
マにもなった杉村三郎シリーズの4作目。杉村、一人ぼっちになっちゃ
いましたからね。読者には気になる続編です。

 そして、「母親ウエスタン」などの原田ひ香「虫たちの家」も出てま
した。九州の孤島で共同生活をする女性たちの話。今までの感じと違う
のかな?横尾忠則「千夜一夜日記」、80歳を越えた横尾さんの老いを見
つめる日記。横尾忠則、大好き!これはきっと買う。

 出る本。三島賞取っちゃった蓮實重彦の「伯爵夫人」(6/22)出
ます。映画評論家として数々の名著がある蓮實氏だけど賞を取った時の
会見はおかしかった。あーゆー人です。小説にも期待!人気のヨシタケ
シンスケが2005年に出したイラスト集が新たに登場!「新装版 じゃあ
君が好き」(6/24)、これは知らなかったので楽しみ。文庫化、朝
井リョウ「世界地図の下書き」(6/23)、既読でこのブログでも紹
介していますが、施設で暮らす子供たちの物語でラストがとてもいいの
です。これはおすすめ!

◯宮部みゆき「ペテロの葬列」を含む書評はこちら
◯原田ひ香のその他の本の書評はこちら
◯ヨシタケシンスケの絵本などの書評はこちらです。
◯「世界地図の下書き」を含む朝井リョウの小説の書評はこちら






            ◯ ◯

2016.6.22 週末にかけてずっと雨マークが続くので憂欝。しかも、気
温が高い。熱中症に注意です。読書は窪美澄「アカガミ」。

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

【文学賞】芥川賞・直木賞候補作、決定!

 第155回、今年上半期の芥川賞・直木賞候補が発表になりました。以
下の通りです。

◇芥川龍之介賞 候補作
今村夏子「あひる」(たべるのがおそいVol.1)
高橋弘希「短冊流し」(新潮1月号)
崔実「ジニのパズル」(群像6月号)
村田沙耶香「コンビニ人間」(文學界6月号)
山崎ナオコーラ「美しい距離」(文學界3月号)
※崔実さん「ジニのパズル」は7月6日発売予定。山崎ナオコーラさん
「美しい距離」は7月11日発売予定。他はまだ予定がありません。

 今村さん村田さんにも注目ですが、今回は群像新人文学賞で絶賛され
たという崔実さんの「ジニのパズル」が気になります。

◇直木三十五賞 候補作
伊東潤「天下人の茶」(文藝春秋)
荻原浩「海の見える理髪店」(集英社)
門井慶喜「家康、家を建てる」(祥伝社)
原田マハ「暗幕のゲルニカ」(新潮社)
湊かなえ「ポイズンドーター・ホーリーマザー」(光文社)
米澤穂信「真実の10メートル手前」(東京創元社)

 こちらは原田マハさん「暗幕のゲルニカ」を読んでいて、このブログ
でも紹介しています。これはいいですよぉ。他は読んでないのでなんと
もいえませんが、とりあえず原田さん推し、で。

◯芥川賞詳細はこちら、直木賞詳細はこちらで。
◯原田マハ「暗幕のゲルニカ」の書評はこちらです。
◯今までの文学賞関連のニュースはこちらから。
※一番上にはこのページが出ます。 

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。
他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

プロフィール

オクー

Author:オクー
コピーライターであるようだ。
吉祥寺にいるようだ。
そんなに若くはないようだ。
犬ブログもよろしく!

okuuuをフォローしましょう
更新情報はツイッター
フェイスブックで。
Akihiko Okumura

amazon
電子書籍で探す!
映画・ドラマなら
News
最新記事
お気に入りリンク
ブログランキング
blogram投票ボタン
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ村
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。